今の位置(Current Position): ホームページ(Homepage) > 美 容 >

初心に帰って、ベースカラー「アッシュ&ベージュ&ブラウン」の魅力をおさらい♡

時刻(time):2017-10-13 04:11源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
ベースカラーとしてよく紹介される、アッシュ・ベージュ・ブラウン。この3つのカラーは一昔前では主役級の色でした。最近ではいろんなカラーと配合されて特徴のある色を支えるベースとして活躍しています。そんな3つの色にもう一度スポットを当てて、魅力を再確認しようというものです♡シンプルな可愛さをお伝えできればいいなと思います。 赤味のないベージュカ

ベースカラーとしてよく紹介される、アッシュ・ベージュ・ブラウン。この3つのカラーは一昔前では主役級の色でした。最近ではいろんなカラーと配合されて特徴のある色を支えるベースとして活躍しています。そんな3つの色にもう一度スポットを当てて、魅力を再確認しようというものです♡シンプルな可愛さをお伝えできればいいなと思います。

赤味のないベージュカラー

20171005073251_EIVLBPZN_AOLIBOPJ.jpg20171005074922_PGKDSPEI_YFZZTGLA.jpg

最近ではグレーやカーキ、ブルーなど
いろいろな色と組み合わされていることが
多くなったベージュカラー。
柔らかみをプラスしてくれるので
寒色をまるくしてくれる役割をしていることが多いです。

そんなベージュ単体の色の魅力は、
赤味のない色なのにクールすぎないところです。

透明感抜群アッシュカラー

20171005073607_JNHFAMQC_KMWTWKXR.jpg20171005074743_BQDOLFAY_RQXJECHY.jpg

寒色カラーの代表、アッシュ。
今では他の色と組み合わされていることがほとんどです。
透明感を引き出してくれるので
外国人風カラーには全部!といっていいほど
配合されています。

他の色と混ざると透明感だけでなく、
くすみやトーンダウンしているように見せたりなど
落ち着いた印象のカラーへ
方向転換してくれる働きがあるように感じます。

カラーの王様ブラウンカラー

20171005075159_UTXSSZDS_EYPPSUNS.jpg

ブラウンは王道中の王道!!
ブラウンがなかったらカラーが始まらない
といっても過言ではありません。
初カラーはブラウン系という人も
多いのではないでしょうか。

原色系の色と組み合わせたり
ベース系のアッシュやベージュとも合う◎
誰とでも仲良くなれるのが
ブラウンの一番の魅力です!
他の色と組み合わせることが増えても
やっぱりシンプルにブラウン単色も可愛いです。
ただのブラウンって…と懸念する人も
いるかもしれませんがこの時代だからこそ
綺麗なブラウンが作れるはずです。
美容師さんに聞いてみて下さいね☆

最後に

ベース系カラーにもちゃんと魅力があって
主役をやってきたからこそ
今は支える側であるのかもしれません。
たまにはシンプルに単色を試してみては?

この記事を監修した美容師さん

井坂和博



20150426140853_NGKNHRED_WKCBUARL.jpg

イサカカズヒロ\29歳O型 青山の美容室CAREで、トップスタイリストをしています。サロンワーク、撮影、業界紙、モデルなどやらせていただいています! 再現性を考えた、日々のスタイルを簡単になおかつオシャレに過ごしたい方、是非ご相談してください! 日々、成長できるよう頑張ります!



【Not Sponsored 記事】
(エディタ(Editor):dutyadmin)
------分隔线----------------------------
コメント(comments)
Please observe the policies and regulations of the Internet.

コメント(comment):
気持(Expression):
コード(Code):change
最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
ランキング(Ranking)