今の位置(Current Position): ホームページ(Homepage) > 恋愛・ラブ >

同じ職場の人を好きになった時に、まず確かめるべきこと

時刻(time):2017-10-13 04:13源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
社会人になれば、出会いの8割は仕事に絡んだものとなるんじゃないでしょうか。実際に、20~30代男女の恋愛のきっかけの多くが職場にあるというデータもあります。 でも、社会人にとって職場は、日常そのもので生活費を得る大切な環境だといえます。恋愛を持ち込むことで同僚や上司との仲が気まずくなれば、転職や異動を余儀なくされるかもしれません。 今回は、同

社会人になれば、出会いの8割は仕事に絡んだものとなるんじゃないでしょうか。実際に、20~30代男女の恋愛のきっかけの多くが職場にあるというデータもあります。

でも、社会人にとって職場は、日常そのもので生活費を得る大切な環境だといえます。恋愛を持ち込むことで同僚や上司との仲が気まずくなれば、転職や異動を余儀なくされるかもしれません。

今回は、同じ職場の人を好きになった時に、仕事と収入を失わないために確認したいことをまとめてみました。

職場で好きになったら

職場恋愛は許されるのか?

一番にチェックしたいのは、コレです。今時は、同僚や上司と恋人同士になったからといって、不謹慎だと辞めさせられるような組織も珍しいでしょうが、「付き合うとしても堂々と公表してはいけない雰囲気がある」「特定の上司に対しては隠しておいたほうが良い」「社長や所長など、一番偉い人間が職場恋愛を好んでいない」などの暗黙のルールは確認しておいたほうが良いでしょう。

特に、こうした内容は社則に記されているわけでもないので、みずから周りにリサーチして確認するか、職場で古株と呼ばれている人にそれとなく聞いて確かめると良いかもしれません。

好きな人と付き合えたけど、周りにそれがバレて気まずい思いをするとか、気まずくなるだけでなく職場に居づらくなる……という状態は避けたいもの。まず一番にチェックしたいところです。

好きな人は職場恋愛をどう思っている?

職場に好きな人ができたら

好きな人が同じ職場に恋人を持つことをどう思っているか? これを事前に知っておけば、どうアプローチすればいいかのプランが立てられます。

特に男性は、職場内に彼女がいることを気にするはず。まったく気にしない、むしろ大歓迎!という人は、逆にちょっと心配かもしれません。

なぜなら、男性にとって職場は「戦場」であり、本来は恋愛が介入すべき場所じゃないから。彼女ができることによって自分の仕事人生が左右されるとすれば、恋は男性に必然ではないといえます。

他愛ない雑談や飲み会などで本人にそれとなく聞いたり、好きな人と親しい同僚に聞いてみたりすると良いでしょう。

職場内にライバルはいない?

職場の人を好きになってしまったら

コレ、一番最悪なパターンを作り出すかもしれません。たとえば……直属の上司が好きで、でも先輩女性も彼のことが好きで、私の気持ちに気づいた先輩女性がライバル心むき出しにしてきて、彼の前でバチバチと火花が飛ぶ! というのは、たぶん成就しない恋パターンです。

好かれた側の彼はたまったもんじゃないでしょうし、私情が介入した状態で仕事をすると言動には必ず偏りが出ます。自分もライバルも気分が悪いだけじゃなく、周りが違和感を覚えてやりづらさを訴えたり、注意してきたりするはず。

結局のところ、好きな相手や周囲からヒンシュクを買って終わり……となる可能性が高いので、同じ職場にライバルがいる場合は、公私混同しないよう注意が必要です。

また、イラッとするとか、思わず嫉妬してしまうような場面に遭遇しても、ぐっと我慢。好きな人と本気で付き合いたいと思うなら、職場ではライバルとのあからさまなバトルは避けるべきでしょう。

まとめ

職場恋愛の場合、好きな相手も明らかに自分のことを気に入っているとわかるなら別ですが、大抵は慎重に相手との距離を詰めていくことが大事です。焦って一気にどうにかしようとか、飲み会の後でエッチして既成事実を作っちゃおう! というのは、失恋するかマトモな関係にならないか、どっちにしても望まぬ結末を迎えるはずです。

男性は仕事場に恋愛を介入させることには神経質な人が多いので、焦れるほど慎重になって間違いありません。事前チェックを怠らないで、地雷を踏まずに距離を縮めていけば、きっと成就の糸口がつかめるでしょう。(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)



【Not Sponsored 記事】
(エディタ(Editor):dutyadmin)
------分隔线----------------------------
コメント(comments)
Please observe the policies and regulations of the Internet.

コメント(comment):
気持(Expression):
コード(Code):change
最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
ランキング(Ranking)