今の位置(Current Position): ホームページ(Homepage) > ダイエット >

美脚づくりに欠かせない!「股関節」をしなやかにするストレッチ

時刻(time):2017-11-25 05:11源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
股関節が硬いと、脚の可動域が狭まり運動効果が減退してしまったり、体液循環が滞って老廃物がたまりやすくなったりしてしまいます。股関節のしなやかさは、美脚の土台。日々のトレーニングで柔らかくしなやかな状態に整えましょう。 座って揺れるだけ!股関節の可動域を広げるストレッチ【1】 1.あぐらをかくようにして両足の裏をつける 2.両手を両足に添え、背筋

股関節が硬いと、脚の可動域が狭まり運動効果が減退してしまったり、体液循環が滞って老廃物がたまりやすくなったりしてしまいます。股関節のしなやかさは、美脚の土台。日々のトレーニングで柔らかくしなやかな状態に整えましょう。

写真9〜12|美脚づくりに欠かせない!「股関節」をしなやかにするストレッチ

座って揺れるだけ!股関節の可動域を広げるストレッチ【1】

1.あぐらをかくようにして両足の裏をつける
2.両手を両足に添え、背筋を伸ばしてまっすぐ前を向く

ストレッチ

3.そのままの体勢で、ゆっくりと左右に揺れる
(右脚を床につけ、まっすぐな体勢に戻り、今度は左脚を床につける)

テレビを見ながらできる簡単ストレッチ。1回2〜3分を目安に、隙間時間に取り入れましょう。

座って揺れるだけ!股関節の可動域を広げるストレッチ【2】

1.あぐらをかくようにして両足の裏をつける
2.両手を両足に添え、背筋を伸ばしてまっすぐ前を向く

3.そのままの体勢で、両膝を上下に揺らす

(左右同時に、両足を床につけるようなイメージで下に下げ、まっすぐな姿勢に戻り、また両足を床につけるように下げる・・・を繰り返す)

左右のあとは、上下に。なかなか下がらない場合は、両手を膝に添えてサポートしてもOKです。

座って揺れるだけ!股関節の可動域を広げるストレッチ【3】

1.あぐらをかくようにして両足の裏をつける
2.両手を両足に添え、背筋を伸ばしてまっすぐ前を向く
3.できるだけ遠くに倒れるように意識して、10秒かけて上半身を前に倒す
4.上半身を前方に倒したまま、10秒キープする
5.ゆっくり上半身を持ち上げもとの姿勢に戻る

1〜5を1セットとし、5セットおこないましょう。

股関節がしなやかになると、脚がスムーズに動かせるようになるだけでなく、体液循環がスムーズになって代謝がアップ。よりやせやすい体質に整えることができます。

座ったままでできる簡単なトレーニング。ぜひ、毎日の隙間時間に取り入れてくださいね。

この記事は美LAB.公式アンバサダーにより執筆いただいた記事であり、すべての記事に対し編集部で厳重なる検査を行っております。
記事の著作権は株式会社メディカルネットに帰属します。

美容・健康ライター Nao Kiyota
[監修] 美容・健康ライター Nao Kiyota


【Not Sponsored 記事】
(エディタ(Editor):dutyadmin)
------分隔线----------------------------
コメント(comments)
Please observe the policies and regulations of the Internet.

コメント(comment):
気持(Expression):
コード(Code):change
最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
ランキング(Ranking)