今の位置(Current Position): ホームページ(Homepage) > メイク・コスメ >

目尻からチラッとのぞくカラーライナーで旬の目元を【TPPO別アイライナー・二次会編】 |

時刻(time):2017-12-07 04:10源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
いつもよりも大胆なメイクが要求される二次会やイベントには、トレンドのカラーライナーを採用。まずは目頭から目尻までのまつ毛とまつ毛の間をブラウンのライナーで埋めて、目の輪郭をごく自然に強調させる仕込みテクが必須。その後に黒目の外側から目尻にカラーライナーをプラスすれば、色みが際立ち華やぎ感がアップします。少し長めのラインを描くときは、目

いつもよりも大胆なメイクが要求される二次会やイベントには、トレンドのカラーライナーを採用。まずは目頭から目尻までのまつ毛とまつ毛の間をブラウンのライナーで埋めて、目の輪郭をごく自然に強調させる仕込みテクが必須。その後に黒目の外側から目尻にカラーライナーをプラスすれば、色みが際立ち華やぎ感がアップします。少し長めのラインを描くときは、目のカーブに沿ってまっすぐ引くと、やりすぎ感のない上品な仕上がりに。

Image title

Image title

アイライナーの引き方はこちら!

【1】ラメ入りアイシャドウをアイホールにのせ、ブラウンのリキッドライナーで目頭から目尻のまつ毛とまつ毛の間を埋める。黒目の外側から目尻、黒目の内側から外側、目頭から黒目の内側の順で、一定方向にライナーを小刻みに動かす。

【2】目を開けたまま、カラーライナーで黒目の外側から目尻のキワにラインを重ねる。目尻側のラインは目のカーブに沿って、まっすぐ引くと跳ね上げすぎない自然な仕上がりに。キワが隠れて引きにくいときは、まぶたを指で軽く持ち上げて。

【3】【2】で描いたラインをなぞり、ひとまわり太くして、より濃く“ライン感”を強調。鏡で伏し目にして、正面を見たときのラインの存在感をチェックして。目尻側のラインは2~3㎜ほど、はみ出して描くのがベストなバランス。上・下まつげにマスカラを。

完成!(マスカラ塗布前)

目を閉じた状態ではまっすぐなラインも目を開けたときは、目のカーブに沿った自然な仕上がりに。カラーラインが主役のアイメイクの場合、単色シャドウで色みよりも質感をプラスすれば、インパクトのあるカラーラインも抜け感のある今どきの目元に。

(エディタ(Editor):dutyadmin)
------分隔线----------------------------
コメント(comments)
Please observe the policies and regulations of the Internet.

コメント(comment):
気持(Expression):
コード(Code):change
最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
ランキング(Ranking)