今の位置(Current Position): ホームページ(Homepage) > ヘアスタイル >

ぶっちゃけどうなの?「縮毛矯正」のメリットとデメリットを徹底解説!

時刻(time):2018-04-15 04:43源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
ピンもと: 3 梅雨の前は縮毛矯正を行う女の子が増える時期。毎日のケアが楽になって、髪の毛も簡単にまとまる!と聞く一方で髪の毛へのダメージが深刻だとも言われる縮毛矯正ですが、実際のところはどうなのでしょうか? ピンもと: 1 縮毛矯正のメリットとデメリットについて深く知れば、これからのヘアアレンジのバリエーションがもっと広がるかも!ヘアの知識

ピンもと:

3

梅雨の前は縮毛矯正を行う女の子が増える時期。毎日のケアが楽になって、髪の毛も簡単にまとまる!と聞く一方で髪の毛へのダメージが深刻だとも言われる縮毛矯正ですが、実際のところはどうなのでしょうか?

ピンもと:

1

縮毛矯正のメリットとデメリットについて深く知れば、これからのヘアアレンジのバリエーションがもっと広がるかも!ヘアの知識を深めて、どんなシーズンでも美しい髪を維持するヒントを見つけましょう。

縮毛矯正の仕組み

縮毛矯正とストレートパーマは違う

ピンもと:

187

ヘアサロンではストレートパーマと縮毛矯正の2つのメニューが並んでいます。しかしその違いについて理解できていない人も多いのではないでしょうか。

ピンもと:

7

どちらも髪の毛のクセに対応する施術ではありますが、縮毛矯正というのはアイロンなどの熱器具を使ってストレートな状態を記憶させるもの。

ピンもと:

64

それに対してストレートパーマは薬剤の力を使って、髪の毛を自然な状態に戻すもので、そのほどんどはかけたパーマをダウンしたり、ボリュームを自然にダウンさせるために用いられます。

ピンもと:

よって、髪の毛のダメージに合わせて2種類から選べるわけではなく、髪の毛のクセをストレートにしたいときには縮毛矯正がおこなわれることがほとんどです。

縮毛矯正って髪の毛を痛めるの?

縮毛矯正を行うことでのダメージの有無は、実際一番気になるところですよね。実際に縮毛矯正で髪をひどく痛めてしまったという話を聞くこともありますが、毎回の施術でそれほど大きなダメージを受けるのでしょうか。

ピンもと:

1

ダメージのきっかけは生じる

近年では縮毛矯正の需要が高まり、薬剤の質も上がったので、施術の工程を通してのダメージは少なくなっています。しかしそれでも髪の毛の内部に薬剤を浸透させることで、ダメージのきっかけを与えてしまうことは確かです。

最初はそれほどダメージを感じなくても、繰り返し縮毛矯正を行えば必ずダメージの蓄積は生じます。そのために縮毛矯正後のヘアケアはマスト。

ピンもと:

またヘアカラーや日々のヘアアレンジにアイロンを欠かさない場合も、同じようにダメージの進行を促進してしまうため、日々の重点的なヘアケアが求められます。

縮毛矯正の値段の秘密

ピンもと:

3

縮毛矯正の値段は他のカットやカラーリングと比べて少々高め。実際にその値段を見て、躊躇してしまう人もいると思います。ではなぜ縮毛矯正は他の施術に比べて値段が高めに設定されているのでしょうか。

ダメージを軽減するための中間処理

縮毛矯正は他の項目よりも施術時間が長く、その間に様々な工程を経て行われます。ですがちょっとしたことがダメージに繋がりやすいため、一つ一つの工程で、髪の毛を保護・ケアしながら施術されます。

ピンもと:

70

例えば、髪を保護するためのトリートメントを使ったり、薬剤の浸透を促進して余計なダメージを与えない薬剤を使ったり…。お店によってバラつきはあるものの、安くはない施術料の中にはそれらの料金が含まれています。

お店選びの重要性

ピンもと:

また、安価な価格で施術を行っているお店の中には、髪の毛のダメージを軽減するための処理が十分に行われていないことがあります。

ピンもと:

297

さらに価格を抑えれば薬剤の選定などについても選択の幅が限られてしまいます。実際の自分の髪質や髪の状態にあった施術を受けるため、また美しい髪を維持するためには、安さだけにとらわれないお店選びが重要となります。

髪の毛のまとまりは良くなるの?

決して安くはない費用を払って行う縮毛矯正ですが、仕上がりはどのように変化するのでしょうか?

ピンもと:

自然なストレートが再現できるように

数年前まではくせ毛を伸ばすことだけに重点が置かれ、ストレートにはなったものの、触るとなんだか硬く、不自然なほど真っすぐで違和感があった…なんて話も少なくありませんでした。

ピンもと:

しかし薬剤や技術の進化によって、最近では自然なストレートヘアを手に入れることが可能となりました!クセはしっかりと伸び、これまでにはなかった柔らかさでナチュラルなストレートへと変身できるようになったのです。

部分的な縮毛矯正が人気

またショートやミディアムの短いレングスでも、クセの気になる一部分やボリュームが出来過ぎてしまう場所への部分的な縮毛矯正も人気です。

ピンもと:

13

縮毛矯正によって、ナチュラルなストレートの部分ができることで毎日のスタイリングが楽になり、ヘアアレンジのバリエーションも増やすことができます。

縮毛矯正、もう怖くない!

縮毛矯正を行う上で最も大切なのが、信頼できる美容室・美容師さんを見つけること。このことが縮毛矯正によるリスクをぐーんと押し下げます!

ピンもと:

少々高めの価格設定だとしても、それ相応の納得できる技術を持ち、安心して髪の毛を任せられる美容師さんを見つけて、憧れのサラサラストレートヘアーを手に入れましょう!

(エディタ(Editor):dutyadmin)
------分隔线----------------------------
コメント(comments)
Please observe the policies and regulations of the Internet.

コメント(comment):
気持(Expression):
コード(Code):change
最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
ランキング(Ranking)