今の位置(Current Position): ホームページ(Homepage) > ライフスタイル >

節約&おいしいが叶う!ベランダ菜園は今が始め時

時刻(time):2018-04-16 04:46源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
いちごの根は強い肥料に弱いです。いちご専用の肥料を使うようにしましょう。また、虫の少ないベランダで育てる場合は、人工受粉が必要です。筆や柔らかいブラシなどで花粉をなでるようにして受粉させましょう。 虫除けにも!香りの強い野菜・ハーブ類 香りの強い野菜やハーブ類は、ほかの野菜と一緒に植え付けすることによって害虫予防になります。丈夫で育てや

いちごの根は強い肥料に弱いです。いちご専用の肥料を使うようにしましょう。また、虫の少ないベランダで育てる場合は、人工受粉が必要です。筆や柔らかいブラシなどで花粉をなでるようにして受粉させましょう。

虫除けにも!香りの強い野菜・ハーブ類

香りの強い野菜やハーブ類は、ほかの野菜と一緒に植え付けすることによって害虫予防になります。丈夫で育てやすいものが多いので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

①シソ

お料理の飾りや、夏場はうどんや素麺の薬味としても美味しいシソ。葉だけでなく、実も食用として利用できます。シソは種からでも発芽率が高いので栽培しやすいです。

シソは日当たりの良い場所を好みますが、丈夫なので半日陰でも育ちます。葉が収穫できるくらいまで育ってきたら、先端を摘み取ると脇芽がどんどん生えてきて、より収穫が楽しめます。

②バジル

ピザやパスタなどのイタリアンには欠かせないバジル。摘みたてのフレッシュなバジルは香りが強いです。たくさん収穫できたらバジルペーストにするのも良いですね。バジルは種からでも苗からでも比較的簡単に育てることができます。

バジルは日当たりの良い場所を好みます。また、水切れしないように、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。シソ同様、先端を摘み取っておくと脇芽がどんどん出てきてたくさん収穫できます。

③ローズマリー

荒れた土地でも育つほど手間がかからず、初心者にも育てやすいハーブの代表のローズマリー。香りが強く、病害や虫がつきにくいのも嬉しいですね。一年中栽培できますが、春が植え付けには適する季節です。

植え付けの際に元肥を与えておけば、その後はほんの少しの水やりで育ちます。やや乾燥を好むので、水のあげすぎには注意しましょう。日向~半日陰で育てるのが適しています。

ベランダ菜園を始めるなら今♡

気になる野菜はありましたか?お休みの日を利用してお花屋さんやホームセンターに足を運んでみるのも楽しいものです。ぜひ、この春からベランダ菜園でおいしい野菜づくりを始めてみましょう。

(エディタ(Editor):dutyadmin)
------分隔线----------------------------
コメント(comments)
Please observe the policies and regulations of the Internet.

コメント(comment):
気持(Expression):
コード(Code):change
最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
ランキング(Ranking)