【動画あり】寝ながらできちゃう!腰痛・肩こり改善ストレッチ_ビューティーガール
今の位置(Current Position): ホームページ(Homepage) > ダイエット >

【動画あり】寝ながらできちゃう!腰痛・肩こり改善ストレッチ

時刻(time):2018-05-15 04:17源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
こんにちは。妊娠中からの運動を推奨しております、パーソナルトレーナーの中村和也です!最近の生活では、スマホやPCは手放せないと思います。そんなスマホに集中している姿を、自分で確認したことはありますか?背中丸まってませんか?腰や肩、辛くなってないですか?本日は、寝ながらできる、腰痛と肩こり両方を改善するエクササイズをお伝え致します。 丸まっ

こんにちは。妊娠中からの運動を推奨しております、パーソナルトレーナーの中村和也です!最近の生活では、スマホやPCは手放せないと思います。そんなスマホに集中している姿を、自分で確認したことはありますか?背中丸まってませんか?腰や肩、辛くなってないですか?本日は、寝ながらできる、腰痛と肩こり両方を改善するエクササイズをお伝え致します。

寝ながらできちゃう!腰痛・肩こり改善運動!

丸まった姿勢が腰痛肩こりの元凶

普段のスマホやPC作業は、基本的には手を前に出して操作すると思います。その際に、胸がはれて綺麗な姿勢でできている方、何人いるでしょうか?おそらく10人いたら1人。もしかしたら1人もいないかもしれません。気付いた時に、一度確認してみて下さい。

何故、丸まった姿勢が悪いのか・・・

まず腕が前に出ている分、背中の筋肉が左右に引き伸ばされてしまいます。悪い姿勢が続くと、背中の筋肉が引き伸ばされた状態が続いてしまい、背中周りの筋肉が血行不良を起こしてしまい、その周辺の筋肉の動きが悪くなり肩こりなどに繋がります。

腰も、姿勢が丸くなってしまっていると、腰の部分だけに負担がかかり、痛みが生じてしまう恐れがあります。

腰痛肩こり

前側の筋肉を解放してあげる事が、腰痛と肩こりの改善の近道

姿勢が丸くなってしまっている原因はいくつかあります。

・腕を前に出しているので、胸の筋肉が縮こまってしまっている
・お腹が縮こまっているので、体を伸ばす事が困難
・姿勢を正すための背中の筋肉群の筋力低下

ある箇所の筋肉が伸び縮みしづらくなり、なおかつ使ってない箇所の筋力低下が姿勢が丸くなってしまう原因のひとつになります。

本日は、前側の筋肉を解放し、腰痛と肩こりが改善できるエクササイズをお伝えします!

《エクササイズ動画》

【エクササイズ方法】

◼️開始姿勢
1、横向きに寝ます。身体は一直線
2、腕は胸の前に伸ばし、手と手は合わせます
3、上側にある脚を股関節から90度に曲げて、膝も90度にして床につけておく

◼️エクササイズ
1、息を吐きながら胸を開いていく (その際に、上側の脚が浮かないようにする)
2、もとの位置に戻す
3、繰り返す

※ゆっくりと筋肉が伸びているのを感じながらおこなってください。あくまでストレッチですので、勢い良くは絶対行わないで下さい。怪我のもとになってしまいます。

左右、バランス良く行なってくださいね。

始めは動かしにくいかもしれませんが、繰り返すことにより開きやすくなっていくと思います。毎日少しずつで良いので続けてみてください。腰痛・肩こりのない生活って良いですよ^^

それでは、皆様の身体が改善していくのを願っております!

この記事は美LAB.公式アンバサダーにより執筆いただいた記事であり、すべての記事に対し編集部で厳重なる検査を行っております。
記事の著作権は株式会社メディカルネットに帰属します。

パーソナルトレーナー 中村 和也
[監修] パーソナルトレーナー 中村 和也


【Not Sponsored 記事】
(エディタ(Editor):dutyadmin)
------分隔线----------------------------
コメント(comments)
Please observe the policies and regulations of the Internet.

コメント(comment):
気持(Expression):
コード(Code):change
最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
ランキング(Ranking)