今の位置(Current Position): ホームページ(Homepage) > ダイエット >

運動嫌いでも大丈夫!毎日できる簡単ダイエットとは?

時刻(time):2018-06-14 04:12源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
みなさん運動、していますか?「ランニングはハードルが高い」「ジムに行く時間がない」「デスクワーカーで動く時間を確保できない」……。そんな場合でも、ダイエット効果を高める運動を習慣化するために、今回は「ウォーキング」のダイエットをご紹介します。 できる・続くのが「ウォーキング」 いつでもどこでも、スポーツウェアを着なくてもできるのが、ウォ

みなさん運動、していますか?「ランニングはハードルが高い」「ジムに行く時間がない」「デスクワーカーで動く時間を確保できない」……。そんな場合でも、ダイエット効果を高める運動を習慣化するために、今回は「ウォーキング」のダイエットをご紹介します。

運動嫌いでもやせる、究極のダイエット運動とは?

できる・続くのが「ウォーキング」

いつでもどこでも、スポーツウェアを着なくてもできるのが、ウォーキングのいいところ。ちょっとそこまで、自転車をやめて歩いてみるだけでもウォーキングの時間を増やすことができます。

汗をかくのが嫌な人でも取り組みやすい。誰しも日常的に行っている動作なので、始めやすい・続けやすい。体への負担を大きくせずに運動量を増やすことができる。メリットだらけのウォーキングは、体脂肪を減らすのにも効果抜群です♪

ウォーキング

有酸素運動が体脂肪を燃焼させる

筋肉のパワーを瞬時に引き出す無酸素運動(筋トレ系)とは異なり、エネルギーを消費しながら動き続ける有酸素運動は、体脂肪をエネルギー源として消費します。ウォーキングは、有酸素運動。続けることで効果を感じられるはずです。

日常生活の延長線上で

家まで、職場まで、ちょっと近くのスーパーまで。毎日、どこかしらに歩く機会があると思います。

そのチャンスを逃さず、自転車をやめて歩いてみたり、バスや電車を使わないようにしてみたり。ほんの少しの工夫で歩く時間や回数を増やすことができます。

移動は小走りにしてみたり、歩くときは大股にしたりすることで、運動強度を高めることもできます。

ウォーキング

息がきれる激しい運動を無理にしなくてもOK。日々の運動量を増やすだけでも、強度をあげるだけでも、消費するエネルギーは変わります。
今日はどのくらい歩きますか? 1日のうちどのくらい運動を確保できているか、振り返るところから始めてみてくださいね。

この記事は美LAB.公式アンバサダーにより執筆いただいた記事であり、すべての記事に対し編集部で厳重なる検査を行っております。
記事の著作権は株式会社メディカルネットに帰属します。

美容・健康ライター Nao Kiyota
[監修] 美容・健康ライター Nao Kiyota


【Not Sponsored 記事】
(エディタ(Editor):dutyadmin)
------分隔线----------------------------
コメント(comments)
Please observe the policies and regulations of the Internet.

コメント(comment):
気持(Expression):
コード(Code):change
最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
ランキング(Ranking)