今の位置(Current Position): ホームページ(Homepage) > 恋愛・ラブ >

久々に会った同級生に惚れられる女子の特徴

時刻(time):2018-06-14 04:18源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
恋人との出会いのきっかけとして意外とよく聞くのが、 「同窓会で元同級生と再会し、交際に発展した」 というパターン。 筆者個人的には、同級生や故郷の人との恋愛や結婚はまず有り得ませんが、世の中には 「学生時代の同級生とは価値観が合う」「共通の話題が多い」 と、密かに憧れる人も多いようですね。 ある恋愛コラムサイトでは、 「いわば同窓会は婚活パー

恋人との出会いのきっかけとして意外とよく聞くのが、
「同窓会で元同級生と再会し、交際に発展した」
というパターン。

筆者個人的には、同級生や故郷の人との恋愛や結婚はまず有り得ませんが、世の中には
「学生時代の同級生とは価値観が合う」「共通の話題が多い」
と、密かに憧れる人も多いようですね。

ある恋愛コラムサイトでは、
「いわば同窓会は婚活パーティーのようなものです。この機会を逃さないように!」
と言い切っているくらいです。

では、久々に会った同級生に惚れられて「再会同級生カップル」になれる女子には、どのような特徴があるのでしょうか?

学生時代は典型的な「垢抜けない女子」だったのが、美しく成長!

女性は10代後半から20代にかけて、大きく「化ける」ことがあります。

高校生の時期は、多くの女子は身体に脂肪が付きやすくなり、太りやすくなります。
また「青春のシンボル」と呼ばれるニキビができやすくなる人もいます。

これらは思春期に起こる女性としての自然な身体の変化ですが、人によっては深刻な悩みとなることがあります。
筆者も高校生の時期は激太りし、自分に全く自信が持てなくなっていました。

しかし、高校を卒業して成人式が近付く頃になると、女性の身体はまた変化の時期を迎えます。
思春期にはまだ不安定だったホルモンバランスが安定してくるにつれ、高校生の時期に激増した体重は順調に落ち、キレイな肌やスタイルに落ち着いていきます。

それに伴い、メイクやおしゃれに目覚めて見違えるようにキレイに変身する女子も多くいます。
まさに「サナギから蝶」とばかりに変身した元同級生女子に、「おっ!」と目を奪われる男子は少なくありません。

もちろん、暴飲暴食をしていたらキレイになるはずのスタイルも肌も、キレイにはなりませんので、ご注意を!

学生時代に感じた「萌えポイント」そのまま大人に!

それとは逆に、学生時代に「この子イイなあ・・・」と感じた「萌えポイント」そのままで大人になった同級生女子に、改めて惚れ直す男子もいます。

筆者と年の近い知人で、小中学生時代から当時の女子としては珍しく、はっきりと自分の意見を口にする女性がいました。
ほとんどの同級生や父兄からは
「女の子のくせに、何だあれは!」
と不評だった彼女でしたが、男子の中にはそんな彼女の熱狂的なファンが何人か存在しました。

彼女自身は、まさか自分のことを「イイなあ・・・」と思っている男子がいるとは全く思っていなかったようです。
アラサーになって同窓会に参加した時にそのことを聞かされ、驚いていました。

そして更に驚いたことに、彼女はそこで再会した同級生男子の1人と、後に付き合い始めたのだとか!

グッと雰囲気が大人っぽくなっていた!

学生時代にモテる女の子といえば、明るく元気なキャピキャピ系が目立ちますよね。
でもアラサーを迎えるくらいの年齢ともなると、そのキャラは逆に「イタい」と思われてしまうこともしばしば。

学生時代に垢抜けなかった女子がキレイになっていると男子から「おっ!」と思われることがあるのと同じように、学生時代に派手で元気系だった女子がシックに落ち着いて大人っぽい雰囲気になっているのにも、男子は目を惹かれます。

服装だけでなく、話し方や身のこなしなどにも「落ち着いた大人っぽさ」が出せるようになると、なおいいですね。

男子は女子の「ギャップ」に弱いのです。

いかがでしたか?
アラサーともなると、地域にもよりますが、同級生の数割〜半分くらいは既婚者になっていることもありますので、それだけに男女問わず
「ヤバい、自分はまだ独身だ!」
と焦りを感じることが多く、それが「再会同級生カップル」の成立に拍車をかけることも多いでしょう。

しかしその一方で
「同級生と同窓会をきっかけに付き合い始めても、恋人同士というよりは昔と変わらない友達みたいになってしまって、何かうまくいかない」
という、恋愛経験豊富な女性の声もあります。

筆者同様、同級生との恋愛には「向き・不向き」があるようですが、憧れているあなたは、ぜひ参考にしてみてくださいね。(Nona/ライター)

(愛カツ編集部)



【Not Sponsored 記事】
(エディタ(Editor):dutyadmin)
------分隔线----------------------------
コメント(comments)
Please observe the policies and regulations of the Internet.

コメント(comment):
気持(Expression):
コード(Code):change
最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
ランキング(Ranking)