今の位置(Current Position): ホームページ(Homepage) > ダイエット >

そのストレッチじゃ意味ないかも!?ポイント3つと簡単お腹ストレッチ

時刻(time):2018-07-10 09:12源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
あなたはストレッチをしていますか?美しい体になりたい、運動不足を解消したい、気になる部分を細くしたい・・・など、ストレッチをしようと思うきっかけはたくさんあると思います。ただ多くの方が見よう見まね。実はただやっているそのストレッチは、効果がほとんど得られていないかもしれません。そこでこの記事では、ストレッチで得られる効果と意識したいポ

あなたはストレッチをしていますか?美しい体になりたい、運動不足を解消したい、気になる部分を細くしたい・・・など、ストレッチをしようと思うきっかけはたくさんあると思います。ただ多くの方が見よう見まね。実はただやっているそのストレッチは、効果がほとんど得られていないかもしれません。そこでこの記事では、ストレッチで得られる効果と意識したいポイントについてお伝えします。

ストレッチはやり方が大事!意識したい3つのポイントとエクササイズ紹介

ストレッチで得られる3つの効果

定期的にストレッチを行うことで以下の効果を得ることができます。

・体のバランスが整う
・血行促進によるむくみの解消
・筋肉の張りの緩和

適切なストレッチを行うことで、日常的に負担をかけている部位を楽にしてあげる効果が期待できるのです。しかし、ただストレッチをかけていればいいわけでは、ありません。正しくストレッチをするためには、心がけたいポイントがいくつかあるのです。

ストレッチ

ストレッチをする上で意識する3つのポイント

ストレッチの効果を最大限に高めるためには、以下のポイントを意識して行うと良いでしょう。

・ストレッチする部位を意識する
・呼吸を止めず自然な呼吸で行う
・体に力が入らない範囲でストレッチする

これらのポイントがひとつでもできないと、正しく狙った部位だけをストレッチすることができません。つまり、ただやっただけで効果を最大限に引き出すことができていないのです。これらのポイントを押さえて、次のストレッチを行いましょう。

今日から簡単にできるお腹のストレッチ

デスクワークや家事仕事をしていると、お腹の筋肉を縮めていることが多く、気づかないうちに筋肉が緊張していることは多くあります。そこでここではお腹を伸ばすストレッチをご紹介します。

【エクササイズ方法】

1.うつ伏せで寝ます。
2.肩幅くらいに両手を開き床につきます。
3.骨盤が床から離れない程度に上半身を起こし、お腹をストレッチします。

お腹のストレッチ

ポイントは骨盤を浮かさずに床につけてお腹を伸ばすことです。

自然な呼吸で30秒を目安に行いましょう。毎日のストレッチで体の緊張を取り、理想の体を目指しましょう。

この記事は美LAB.公式アンバサダーにより執筆いただいた記事であり、すべての記事に対し編集部で厳重なる検査を行っております。
記事の著作権は株式会社メディカルネットに帰属します。

ボディスタイルトレーナー 青島 宏樹
[監修] ボディスタイルトレーナー 青島 宏樹


【Not Sponsored 記事】
(エディタ(Editor):dutyadmin)
------分隔线----------------------------
コメント(comments)
Please observe the policies and regulations of the Internet.

コメント(comment):
気持(Expression):
コード(Code):change
最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
ランキング(Ranking)