今の位置(Current Position): ホームページ(Homepage) > 旅行・おでかけ >

琵琶湖一望で話題の「びわ湖テラス」大幅拡張、天空の特等席“インフィニティラウンジ”

時刻(time):2018-07-11 13:08源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
【びわ湖テラス/女子旅プレス】日本一の琵琶湖を望む絶景スポットとして人気を集めている、滋賀県の山頂展望施設「びわ湖テラス」を大幅拡張し、新たにラウンジやカフェスタンドを備えた「ノーステラス(North Terrace)」が2018年8月4日(土)にオープンする。 インフィニティラウンジ/画像提供:びわ湖バレイ 目次 話題の絶景スポット「びわ湖テラス」とは? 当日予

【びわ湖テラス/女子旅プレス】日本一の琵琶湖を望む絶景スポットとして人気を集めている、滋賀県の山頂展望施設「びわ湖テラス」を大幅拡張し、新たにラウンジやカフェスタンドを備えた「ノーステラス(North Terrace)」が2018年8月4日(土)にオープンする。

インフィニティラウンジ/画像提供:びわ湖バレイ
インフィニティラウンジ/画像提供:びわ湖バレイ

話題の絶景スポット「びわ湖テラス」とは?



天空の絶景「びわ湖テラス」がまるで別世界!滋賀の新名所に注目/画像提供:びわ湖バレイ
天空の絶景「びわ湖テラス」がまるで別世界!滋賀の新名所に注目/画像提供:びわ湖バレイ
「びわ湖テラス」は、日本一の湖・琵琶湖が一望できるびわ湖バレイの山頂展望施設として、2016年7月にオープン。

びわ湖テラス/画像提供:びわ湖バレイ
びわ湖テラス/画像提供:びわ湖バレイ
打見山(1,108m)と蓬莱山(1,174m)の山頂に、それぞれ「びわ湖テラス THE MAIN(ザ メイン)」、「びわ湖テラス CAFE360(カフェ サンロクマル)」の2つの個性的なテラスを有し、絶景テラスから見渡す青空と琵琶湖のフォトジェニックな大パノラマで話題を呼び、2017年のグリーンシーズンは、1965年の開業以来、過去最高の47万人の来場客数を記録した。

「びわ湖テラス」ってこんなところ♡


当日予約制の特等席「インフィニティラウンジ」が新設



ノーステラス/画像提供:びわ湖バレイ
ノーステラス/画像提供:びわ湖バレイ
このたびオープンする「ノーステラス」は、「びわ湖テラス THE MAIN(ザ メイン)」の中に新しく誕生するエリアで、従来のテラスから90度北側に位置しており、湖北(琵琶湖北部)の景色が望めるのが特長。

従来のテラス面積を約2倍に大幅拡張し、オーダーメイドのソファ席を全て琵琶湖に向けて設置する、当日先着順による予約制の20席限定有料エリア「インフィニティラウンジ」へとリニューアル。

カフェスタンド/画像提供:びわ湖バレイ
カフェスタンド/画像提供:びわ湖バレイ
ラウンジでは専用のフード・ドリンクメニューを提供し、また併設の「ノース テラス カフェスタンド」では、オリジナルのテラスサンドやスイーツなどを取り揃える。(女子旅プレス/ビューティーガール)

びわ湖バレイ/びわ湖テラス



住所:滋賀県大津市木戸1547−1
電話番号:077-592-1155
びわ湖テラス営業時間:
平日9:30~17:00
土日祝/夏休み9:00~17:00

ノース テラス



営業時間:平日9:30~17:00(土日祝と8月は9:00~17:00)※ 11月12日(月)以降は全日9:30~16:30
入場無料 ※ただし、Infinity Lounge(インフィニティラウンジ)は有料
※ロープウェイ料金(往復:大人2,500円/小学生1,000円/幼児(3歳以上)600円)が別途必要
定休日:施設全体のメンテナンス休業期間以外無休

情報:びわ湖バレイ

【Not Sponsored 記事】
(エディタ(Editor):dutyadmin)
    ------分隔线----------------------------
    コメント(comments)
    Please observe the policies and regulations of the Internet.

    コメント(comment):
    気持(Expression):
    コード(Code):change
    最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
    ランキング(Ranking)