今の位置(Current Position): ホームページ(Homepage) > メイク・コスメ >

色気を感じさせるピンクブラウンの支持率高し!【2018上半期ベストコスメ・アイカラー部門

時刻(time):2018-07-11 14:19源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
「MAQUIA」8月号では、2018上半期ベストコスメ、アイカラー部門のTop5を発表。今季は色よりもニュアンスをプラスできる、ピンクブラウン系に人気が集中。 アイカラー部門 選ばれたのは、ピンクを効かせたブラウンの数々。色みというよりニュアンスを醸し出すものが人気。 1位 359点 コスメデコルテ アイグロウ ジェム BE387 ¥2700 美しい発色はそのままに、 一層肌に溶け

「MAQUIA」8月号では、2018上半期ベストコスメ、アイカラー部門のTop5を発表。今季は色よりもニュアンスをプラスできる、ピンクブラウン系に人気が集中。

Image title

アイカラー部門

選ばれたのは、ピンクを効かせたブラウンの数々。色みというよりニュアンスを醸し出すものが人気。

Image title

1位

359点

コスメデコルテ
アイグロウ ジェム
BE387

¥2700

美しい発色はそのままに、
一層肌に溶け込むようにフィット

2016年に全5色でデビューしたコスメデコルテのメイクアップを代表する人気アイテムが、この2月、デザインも新たに、品質も向上して全30色で登場。濡れたようなツヤ感、透明感のある発色、時間が経ってもヨレない高いフィット力はそのままに、より一層肌に溶け込むような使用感に。単品使いはもちろん重ねてもキレイ。


ここに注目!

コスメデコルテ PR
吉成里沙さん

お客様からも支持される
ナンバーワンカラーです

受賞したBE387はこの質感ならではの絶妙な発色で、30色の中で一番人気のカラーです。ぜひ30色から自分に似合うカラーを見つけたり、重ね使いで自分だけのカラーを楽しんでいただけたらと思います!


『ゴールド&レッドパールが華やかさと色気を放つこの色。軽やかなのに美人度が増す絶妙なカラー――水井真理子さん


『赤いパールがきらめくベージュは、ひと塗りで上品な色香漂うフェミニンな表情に』――巽 香さん


『オーソドックスなブラウンでありながら、じわっと色気を感じさせる女っぽい色――松本千登世さん


『ハリのあるフレッシュなまぶたは、印象にまで伝染していく。表情まで明るく、いきいきと見せてくれるアイカラー』――中島 彩


『濡れたようなツヤがまぶたに降臨するピンクベージュはナチュラルさと洗練のさじ加減が絶妙』――平 輝乃さん

2位

297点

SUQQU
デザイニング カラー
アイズ 08

¥6800

Image title


『つけ方次第でいろいろな表情が楽しめます』――長井かおりさん

「まずは捨て色なしの納得のカラーバリエーション。加えて、さまざまな質感が魅せる輝きが、アイメイクをとことん楽しませてくれる」(長井さん)。「ベースカラーのきらめき感が本当にきれい! この上に色を重ねても透明感が高いからか色もにごらず、ベースのきらめき感もそのまま残る。目を動かしたときの光感が本当に絶品!」(藤井さん)

3位

236点

ルナソル 
マカロングロウアイズ 01

¥5000/カネボウ化粧品

Image title

『ギラギラパールに飽きてきた方、絶対満足します』――野毛まゆりさん

「ふんわりとソフトマットな感触で、そっとまぶたを彩る。ピンクとブラウンの絶妙なバランスで、驚くほどの奥行きのあるアイメイクが楽しめます」(野毛さん)。「ぷっくり可愛いマカロンカラー×ふんわり目元を染め上げるようなソフトグロウな質感で、パッと華やかに。白すぎず程よい落ち着き感がある発色も大人にうれしい」(摩文仁さん)

4位

154点

セルヴォーク
ヴォランタリー ベイシス
アイパレット 01

¥6200

Image title


『“頑張ってないのに素敵”感が演出できる』――長田杏奈さん

「このパレットを使うだけで今どき感あふれる目元になれる。まぶたに湿度をもたらす柔らかいパウダーだから、艶っぽく、エフォートレスな陰影が簡単に作れます」(石井さん)。「ベーシックな色みながら、ちょっとした色のニュアンスや彩度、透け感やラメの塩梅、質感の加減で“ライフスタイルがお洒落な人”っぽいムードが漂う」(長田さん)

5位

140点

RMK 
Wウォーターアイズ
カラーインク 04

¥3800/RMK Division

Image title


『ありそうでなかった甘すぎないスモーキーピンク』――弓気田みずほさん

「シアーなツヤとマットな質感のグラデーションが2つを組み合わせることで簡単に作れ、目元をボケさせずに柔らかなニュアンスをプラスできます」(弓気田さん)。「水彩画のような独特の淡い色合いと、まぶたになじむクリーミィな質感。派手な発色ではないのに、これをつけている日は必ず“どこのアイシャドウ?”と聞かれます」(前野さん)

(エディタ(Editor):dutyadmin)
    ------分隔线----------------------------
    コメント(comments)
    Please observe the policies and regulations of the Internet.

    コメント(comment):
    気持(Expression):
    コード(Code):change
    最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
    ランキング(Ranking)