米シカゴ発ステーキハウス「モートンズ」日本初上陸、丸の内の新スポットに出店_ビューティーガール
今の位置(Current Position): ホームページ(Homepage) > 旅行・おでかけ >

米シカゴ発ステーキハウス「モートンズ」日本初上陸、丸の内の新スポットに出店

時刻(time):2018-08-09 19:53源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
【女子旅プレス】2018年11月8日(木)、米シカゴ発ステーキハウス「モートンズ・ザ・ステーキハウス(Morton’s The Steakhouse)」と、世界的プロデューサー、アラン・ヤウ氏による点心レストラン「YAUMAY」が日本初出店を果たす。いずれも東京都千代田区丸の内三丁目に所在する「富士ビル」「東京商工会議所ビル」「東京會舘ビル」の3棟一体建て替えによる新施設「丸の内二

【女子旅プレス】2018年11月8日(木)、米シカゴ発ステーキハウス「モートンズ・ザ・ステーキハウス(Morton’s The Steakhouse)」と、世界的プロデューサー、アラン・ヤウ氏による点心レストラン「YAUMAY」が日本初出店を果たす。いずれも東京都千代田区丸の内三丁目に所在する「富士ビル」「東京商工会議所ビル」「東京會舘ビル」の3棟一体建て替えによる新施設「丸の内二重橋ビル」の商業ゾーン「二重橋スクエア」2階に出店する。

Morton’s The Steakhouse/画像提供:三菱地所
Morton’s The Steakhouse/画像提供:三菱地所
「モートンズ」は、1978年創業のウェットエイジングステーキハウスの老舗で、最上級品質認定を受けたプライムグレード牛肉を3~4週間かけて熟成させ、500℃以上のオーブンで表面パリッと、中はしっとりと焼き上げた、噛むほどに芳醇な肉汁が口いっぱいに広がる美味しさが魅力だ。
丸の内二重橋ビル外観※イメージ/画像提供:三菱地所
丸の内二重橋ビル外観※イメージ/画像提供:三菱地所
ロンドンの話題店「ハッカサン」や「パーク・シノワ」を手掛けた世界的プロデューサーのアラン・ヤウ氏による「YAUMAY」は、コンセプトに“独創的DIMSUM”を掲げ、第一線で活躍するシェフやインテリアデザイン担当を起用。「美味しい食を求めて世界中から食通が集まる街TOKYOで世界トップクオリティのレストランを作る」ことを目指していく。

丸の内と有楽町の結節点に誕生「丸の内二重橋ビル」



外観パース(丸の内仲通り側)/画像提供:三菱地所
外観パース(丸の内仲通り側)/画像提供:三菱地所
「丸の内二重橋ビル」の総店舗数は、本物志向のファッションからこだわりの飲食店舗まで25店舗(飲食17店舗、物販7店舗、サービス1店舗)。

焼き鳥 松元/画像提供:三菱地所
焼き鳥 松元/画像提供:三菱地所
長浜鮮魚卸直営店 博多 魚助/画像提供:三菱地所
長浜鮮魚卸直営店 博多 魚助/画像提供:三菱地所
地下1階には、大阪発の「鶴橋 お好み焼・鉄板焼 オモニ」、福岡の「長浜鮮魚卸直営店 博多 魚助」などの東京初出店に加え、フレンチビストロ「bar a vin ROTI」や「焼肉MARUGO」などの新業態店舗を含む、個性あふれる飲食店が集積する。

ピエール・エルメの世界初コンセプトショップ



模型イメージ/画像提供:三菱地所
模型イメージ/画像提供:三菱地所
1階には、世界的に著名なフランス人パティシエ、ピエール・エルメ氏による、日本の素晴らしいものを丸の内から世界へ発信する、カフェ・スイーツ・グロッサリーを集めた世界初コンセプトショップがオープン。

カフェスペースでは、おすすめの食材を使用したデリやサンドイッチなどの軽食を、ピエール・エルメ・パリのショップインショップではマカロンやショコラ、焼き菓子ギフトがラインナップする。

またハイセンスなファッションブランドのほか、シンガポール・マリーナベイサンズホテル内の人気レストラン「Adrift by David Myers」、パリ15区に本店を構えるティエリー・ブランキ氏によるネオビストロの東京店「Le Beurre Noisette」など、丸の内に賑わいを創出する本物志向のカフェ・レストランが軒を連ねる。(女子旅プレス/ビューティーガール)

丸の内二重橋ビル



住所:東京都千代田区丸の内三丁目2番3号
最寄駅:東京メトロ千代田線「二重橋前<丸の内>」駅
都営三田線・東京メトロ日比谷線・千代田線「日比谷」駅
JR京葉線他「東京」駅地下接続(予定)

情報:三菱地所

【Not Sponsored 記事】
(エディタ(Editor):dutyadmin)
------分隔线----------------------------
コメント(comments)
Please observe the policies and regulations of the Internet.

コメント(comment):
気持(Expression):
コード(Code):change
最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
ランキング(Ranking)