今の位置(Current Position): ホームページ(Homepage) > ライフスタイル >

SNSでも感じる...「妬み」の感情と上手に付き合う方法7選 -

時刻(time):2018-10-11 01:15源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
妬みや嫉みを抱いて攻撃的になってしまったり、誰かを羨むことで自己嫌悪に陥ってしまったり、マイナスな気持ちになってしまうのは切ないことです。そこで、妬みや嫉みと上手に付き合っていく方法を知りましょう。 1.妬みや嫉みを受け入れる ネガティブな行動を取るより、妬む理由を考える 妬みや嫉みは自然な感情なので、罪悪感を抱く必要はありません。しかし、

妬みや嫉みを抱いて攻撃的になってしまったり、誰かを羨むことで自己嫌悪に陥ってしまったり、マイナスな気持ちになってしまうのは切ないことです。そこで、妬みや嫉みと上手に付き合っていく方法を知りましょう。

1.妬みや嫉みを受け入れる

ネガティブな行動を取るより、妬む理由を考える

妬みや嫉みは自然な感情なので、罪悪感を抱く必要はありません。しかし、ネガティブな行動を取るのはNG。例えば、「だから私はダメなんだ」と自己嫌悪に陥ったり自分を責めたりする必要はありません。

あるいは「たしかにあの人はキレイだけど性格がね…」など陰口を言って、妬んだ相手の足を引っ張ったり、攻撃的になるのも誰かを傷つけることになります。マイナスな行動をする理由は、妬んでいる自分に気づかないふりしているからです。

それなら妬んでいる自分に気づき、「嫉妬しちゃったな」と妬んでいる感情を受け入れましょう。そして妬む理由を考えるのです。その問題を解決できれば妬みや嫉みも減ります。

2.自信をつける

妬みの理由は劣等感

妬む理由のほとんどが劣等感です。自分よりも優れている人がいると、羨む気持ちが生まれます。自己評価が低かったり、自分に自信がなかったりすると、劣等感を強く抱いてしまいます。

そこで、自分に自信をつけましょう。今目の前にある自分の課題に取り組み、最大限努力するのです。全てがうまくいくわけではありませんが、頑張れば成果や結果が出ます。それが「自分はできる」という誇りに変わります。

そして、努力して結果を出し、誇りを積み重ねることが、自信をつけることになるのです。自信がつけば、劣等感を刺激されることもなく、相手の良さを素直に認められるようにもなります。

3.妬んだ相手から学ぶ

“妬み”を“憧れ・尊敬”に変える

自分が欲しがっているものを持っている人を見ると、妬みが生まれます。それなら相手を認めてしまいましょう。「すごいね」と素直な気持ちを伝えても良いです。“妬み”ではなく“憧れ”や“尊敬”に変えるのです。

そして、その相手を見習ったり話を聞いて学んだりして、自分に足りない部分を補えば、自分が憧れた姿に近づくことができます。妬んでしまったときは「自分が変われるチャンス!」と前向きに考えましょう。

4.自分の得意と苦手を知る

“得意”を伸ばすד苦手”は一生懸命に努力=成長

どんな人でも全てに優れているということはありません。得意なこともあれば、苦手なこともあります。そのどちらも知ることが、自分の個性を知ることにつながります。

できることは自分の優れたところとして認めると、自尊心を高められます。得意なことをさらに伸ばせば自信もつき、劣等感を抱くことも減るでしょう。

できないことは見ないふりをしてしまうと、いつまでも劣等感として残り、妬みや嫉みを抱く機会も増えます。苦手なことにも丁寧に向き合って一生懸命に努力しましょう。得意なことは伸ばし、苦手なことを努力して克服すれば、人として成長できます。

5.妬んだ相手の背景を知る

素敵な人は影ながら努力している

人はわざわざ大変な姿や惨めなところを見せようとはしません。周りには素敵な姿を見せようとするので、自分の目に入ってくるのは他人のキラキラした部分ばかりです。それをダメな自分と比較して妬んでしまう人もいるでしょう。

しかし、素晴らしいものを手に入れている人というのは、必ずそのために努力しています。スリムな体型のためにトレーニングしたり、仕事で活躍するためにスキルアップしたり、交友関係を広げるためにコミュニケーション力を高めたり。

また同じように日常があり、大変な思いや苦労をしている人もいるでしょう。羨むような人だとしても、影ながら努力していたり、苦労をしていたりするかもしれない背景に目を向けると、妬みを抱くことはなくなるはずです。

6.自分と他人を比較しない

「私は私」で素晴らしい

妬んだり嫉んだりしている「誰か」と比較ばかりしていると、あなたの人生なのに「誰か」主体の生き方をしてしまいます。それでは自分の人生が置いてけぼりになってしまうでしょう。

その人よりも劣っていようが違っていようが、あなたはあなた。あなたの魅力に嫉妬している人だっています。それだけあなたにも素晴らしい魅力があるのです。

人は誰でもそれぞれに魅力があり、どんな人でも素晴らしいのです。それなら、ないものを求めるより「私は私」と自分の素晴らしさに気づいた方が、自分の人生を謳歌できるでしょう。

7.今から未来を作っていく

良いことも悪いことも現時点のことに過ぎない

相手をうらやましいと思っても、それは現時点のことです。逆に自分はダメだと思っても、それもやはり現時点ダメであるに過ぎません。未来がどうなっているかは誰にもわからないのです。

しかし、未来のために今頑張ることはできるはず。妬みを抱いた現時点から、ただ相手を羨むだけで過ごすのと、自分も頑張ろうとするのでは、未来の有り様は変わるでしょう。今の妬みを自分の未来の幸せに生かしましょう。

妬みも自分のパワーにしましょう

妬みをただ抱くだけだと、心が疲弊してしまいます。妬んだ自分を認めて受け入れ、自分の成長につなげることで、今よりもっと素敵な人になれるでしょう。

妬みという感情をポジティブなパワーに変えて、自分自身を磨く材料にしてみませんか。

(エディタ(Editor):dutyadmin)
------分隔线----------------------------
コメント(comments)
Please observe the policies and regulations of the Internet.

コメント(comment):
気持(Expression):
コード(Code):change
最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
ランキング(Ranking)