今の位置(Current Position): ホームページ(Homepage) > グルメ >

後味すっきりのヨーグルトドリンク♡「ラッシー」のレシピ10選 -

時刻(time):2018-10-12 14:39源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
まず最初に、一番シンプルなヨーグルト味のラッシーを作ってみましょう。ヨーグルトにもほのかな酸味がありますが、レモンを加えるとさらにすっきりとした後味に仕上がります。 ②シナモンと塩のラッシー コッテリした食事の後にちょうどいいのが、砂糖の代わりに少量の塩を加えたラッシーです。仕上げにシナモンを振りかけると香りが良くなり、さらに飲みやすく

まず最初に、一番シンプルなヨーグルト味のラッシーを作ってみましょう。ヨーグルトにもほのかな酸味がありますが、レモンを加えるとさらにすっきりとした後味に仕上がります。

②シナモンと塩のラッシー

コッテリした食事の後にちょうどいいのが、砂糖の代わりに少量の塩を加えたラッシーです。仕上げにシナモンを振りかけると香りが良くなり、さらに飲みやすくなりますよ。

③クミンとミント入りソルトラッシー

ミントとクミン、黒コショウ入りのソルトラッシーは、ピリ辛でさわやかな風味が特徴です。さらに、この3つの材料には消化促進効果があるのだそう。少し食べ過ぎた後に飲んでおきたいですね。

④柿のラッシー

優しい甘さを楽しめるのが、柿とはちみつを合わせたラッシーです。柔らかく完熟したものを選べば、ミキサー無しで作ることができますよ。

⑤黄桃とにんじんのラッシー

黄桃だけでなくにんじんも加えたラッシーは、ビタミンたっぷりで綺麗な色合いです。フレッシュな桃を使うのは少し勿体ない気がしますが、黄桃缶なら気軽に作れますよ。

⑥バナナとココアのラッシー

ほんのりとしたチョコバナナ味を楽しめるのが、バナナとココアパウダーを入れたラッシーです。濃厚過ぎず後味もすっきりしているので、朝ごはん代わりにしても良さそうですね。

⑦梨のラッシー

梨が旬の季節には、ラッシーを作ってみませんか?みずみずしい梨とさっぱりしたヨーグルトの組み合わせがさわやかで、ゴクゴク飲めそうな美味しさです。

⑧マンゴーとアボカドのラッシー

インド料理店の定番マンゴーラッシーにアボカドを加えると、クリーミーで濃厚な味わいに仕上がります。冷凍マンゴーがあれば、1年中いつでも作れますよ。

⑨キウイフルーツのラッシー

酸味が強いキウイフルーツをヨーグルトと合わせれば、さっぱりした味わいのラッシーになります。少し酸味が強すぎるかなと思ったら、はちみつの量を調節してみてくださいね。

⑩豆乳とバナナのラッシー

冷たい牛乳が苦手な方におすすめなのが、豆乳で作ったラッシーです。バナナやヨーグルトを多めに入れれば、無調整豆乳ならではの風味も気にならなくなりますよ。

食後の軽いデザートにぴったり♡

すっきりした味わいのラッシーは、口直しになるデザートが欲しいときにぴったりのドリンクです。さっぱりしていて飲みやすいので、食欲がない朝のごはん代わりにもなりますよ。ぜひ作ってみてくださいね。

(エディタ(Editor):dutyadmin)
------分隔线----------------------------
コメント(comments)
Please observe the policies and regulations of the Internet.

コメント(comment):
気持(Expression):
コード(Code):change
最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
ランキング(Ranking)