今の位置(Current Position): ホームページ(Homepage) > 旅行・おでかけ >

メッツァビレッジが光のアート空間に「森と湖の光の祭」開催

時刻(time):2018-11-08 14:09源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
【女子旅プレス】埼玉県飯能市の宮沢湖を中心としたエリアに、2018年11月9日(金)に開業する複合施設「メッツァビレッジ」にて、宮沢湖と湖畔の森をインタラクティブな光のアート空間に変える「チームラボ 森と湖の光の祭」が、2018年12月1日(土)~2019年3月3日(日)まで開催される。 自立しつつも、呼応する生命/画像提供:チームラボ 同施設は、“北欧時間が流れ

【女子旅プレス】埼玉県飯能市の宮沢湖を中心としたエリアに、2018年11月9日(金)に開業する複合施設「メッツァビレッジ」にて、宮沢湖と湖畔の森をインタラクティブな光のアート空間に変える「チームラボ 森と湖の光の祭」が、2018年12月1日(土)~2019年3月3日(日)まで開催される。

自立しつつも、呼応する生命/画像提供:チームラボ
自立しつつも、呼応する生命/画像提供:チームラボ
同施設は、“北欧時間が流れる森と湖での体験を通じて、こころの豊かさの本質に気づき、日常生活へと持ち帰れる場所”を目指し、宮沢湖を中心とした広大なエリアにオープン。

関東エリア、そして湖では初となる「チームラボ 森と湖の光の祭」は、宮沢湖と湖畔の森を、人々の存在によって変化するインタラクティブな光のアート空間に変える。

呼応する、たちつづけるものたちと森/画像提供:チームラボ
呼応する、たちつづけるものたちと森/画像提供:チームラボ
展示作品「呼応する、たちつづけるものたちと森」は、人に押され倒れかけると光の色を変化させ、色特有の音色を響かせるアート。光は近隣の立ち続ける物体と木々に伝播し、同じように音色を響かせながら連続して広がっていく。

浮遊する、呼応する球体/画像提供:チームラボ
浮遊する、呼応する球体/画像提供:チームラボ
また、幻想的な光の球体が浮かぶ「浮遊する、呼応する球体」は、人が叩いたり何かにぶつかったりして衝撃を受けると、光の色を変化させながら色特有の音色を響かせ、その周りの球体も連続的に呼応する。(女子旅プレス/ビューティーガール)

チームラボ 森と湖の光の祭



会期:2018年12月1日(土)~2019年3月3日(日)
住所:埼玉県飯能市宮沢327‐6 メッツァ
時間:12月1日(土)~2月11日(祝・月)17:30~21:00※20:00最終入場
2月12日(火)~3月3日(日)18:00~21:00※20:00最終入場
休園日:12月31日(月)~1月2日(水)
入場料::通常チケット・大人(中学生以上)平日1,000円、土日祝1,200円
小人(4歳以上小学生以下)平日500円、土日祝600円
※3歳以下無料
※12月29日(土)~1月6日(日)までは土日祝日料金

情報:チームラボ

【Not Sponsored 記事】
(エディタ(Editor):dutyadmin)
    ------分隔线----------------------------
    コメント(comments)
    Please observe the policies and regulations of the Internet.

    コメント(comment):
    気持(Expression):
    コード(Code):change
    最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
    ランキング(Ranking)