今の位置(Current Position): ホームページ(HomePage) > ヘアスタイル >

顔がでかい…?ってお悩みの方におすすめの小顔テクニック|前髪や髪型、コンプレックス

時刻(time):2019-01-11 00:05源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
顔の大きさに悩む女性におすすめしたい小顔テクニックまとめ。輪郭や顔の大きさをカバーしてくれる前髪や、顔が大きくてもチャレンジしやすい小顔効果のあるベリーショート、またコンプレックスを解消するのに効果的なマッサージ方法など、小顔に見せる&なるテクニックをたっぷりとまとめました。顔の大きさに悩む女性は、ぜひ参考にして理想の小顔に近づきまし

顔の大きさに悩む女性におすすめしたい小顔テクニックまとめ。輪郭や顔の大きさをカバーしてくれる前髪や、顔が大きくてもチャレンジしやすい小顔効果のあるベリーショート、またコンプレックスを解消するのに効果的なマッサージ方法など、小顔に見せる&なるテクニックをたっぷりとまとめました。顔の大きさに悩む女性は、ぜひ参考にして理想の小顔に近づきましょう!

【目次】
顔がでかいのは髪型のせい!?小顔にみせる前髪や髪型
顔がでかい人でも大丈夫!小顔効果のあるベリーショート
顔がでかいコンプレックスは治せる?小顔に導くマッサージ法

顔がでかいのは髪型のせい!?小顔にみせる前髪や髪型

額を隠す厚めの前髪

額を隠す厚めの前髪
■カット&カラー
鎖骨丈。バックの中心からサイドに向かって、やや前上がりに丸みをつけてカット。(写真のモデルは丸顔なので)あご下から鎖骨にかけてレイヤーを入れ、顔周りに縦のラインを作ります。またレイヤーを入れた左右の毛束であごを包むのも小顔に見えるポイントです。トップにもレイヤーを入れ、表面にふわっとした毛束を作ります。前髪は軽く巻いて目の上に流れるように、目にかかる長さでカットし自然とサイドにつなげます。厚めに作っておでこを隠すと小顔効果UP。カラーは7トーンのアッシュブラウンで、ツヤを出しつつ赤みを抑え上品な印象に。

額を隠す厚めの前髪

■スタイリング
乾かすときトップの毛束を持ち上げ、左右に寄せながら乾かすとふんわりします。裾は後ろから手前に持ってくるように手ぐしを入れながら乾かして。32㎜のアイロンで毛先のみ軽くワンカール。顔周りの毛束があごを包むと小顔に見えます。前髪も軽く巻いてサイドに流します。少しセット力のあるクリームワックスを全体になじませ、表面の毛束をふわっとさせれば完成です。レイヤーの入ったミディは、写真のように内巻きにすれば上品に、外ハネワンカールにすればカジュアルな印象に。毛先が軽いので動きを出しやすく、アレンジがしやすいのも嬉しいポイントです。小顔を手に入れつつおしゃれを楽しみたい人は、ぜひレイヤーを入れた髪型にすることをおすすめします!

顔周りと表面に入れる“Wレイヤーミディ”なら、丸顔もエラ張りも面長もカバーして小顔が手に入る!

輪郭が隠れて小顔に見える“サイドバングカット”

輪郭が隠れて小顔に見える“サイドバングカット”
■カット&カラー
胸上5㎝。やや前上がりにカットし、顔周りと表面にレイヤーを。毛先にはレイヤー入れず重ためにすると今っぽいセミロングに。前髪は、正面は目にかかる長さでカット。目と耳の間のサイドバングはあごラインでカットし、正面の前髪と自然に繋げます。頬骨にかかる、サイドバングのやや斜めのラインが小顔効果のカギに。カラーは10トーンのシナモンベージュ。明るめですが赤みのないくすみ系のベージュなので落ち着いた印象に。透明感がありどんな肌色にもなじみます。

輪郭が隠れて小顔に見える“サイドバングカット”
■スタイリング
前髪のクセが強い人は、乾かすときに前髪を粗目のくしで左右にとかしながら乾かして。前髪がパカッと割れずにふんわりします。32㎜のアイロンで、全体の毛先を内巻きワンカール。次に耳より後ろの後頭部表面の毛束を持ち上げ、高い位置で毛先から中間まで内巻きに。さらに耳より前の毛束を縦にふたつ分け、内巻きにした毛先より上の部分を巻きます。顔周りになる手前の毛束は外巻き1回転、奥の毛束は内巻き1回転に。全体のカールに手ぐしを通しバサバサとくずすと、今っぽい程よいボリューム感のラフウエーブに。パサつき防止用にオイルを1:1で混ぜたソフトワックスを毛先から中間に向かってもみ込み、手に余ったワックスで前髪の毛先にも軽くもみ込みます。サイドバングで輪郭を隠すよう整えれば完成です。

独自のカット技術をSCOOP! 小顔に見えるセミロングの秘密は“サイドバングカット”にあり

顔周り長め&中央シースルーの“W前髪”

顔周り長め&中央シースルーの“W前髪”
■カット&カラー
サイドはリップライン、耳より前はレイヤーを入れず長めにカットします。顔周りは鼻ラインでカットし、前髪の中央は薄めに取り目の上ギリギリでカット。後頭部は裾が丸いシルエットになるようグラデーションカットに。カラーは7トーンのカシスブラウン。ピンク系のカラーは最近のトレンドです。ツヤがしっかり出つつ、どんな肌色もきれいに見せます。

顔周り長め&中央シースルーの“W前髪”

■スタイリング
24㎜のロッドでバックを上から3段、サイドを上から2段に分け、それぞれ平巻きパーマをかけます。顔周りは毛先が軽くリバースになるようパーマをプラス。スタイリングは、乾かすときトップの毛束は持ち上げるように乾かし、サイドは後頭部に向かって流すように乾かします。前髪のシースルーバングは、くしでとかすと適度な隙間が作れて◎。パーマは乾燥しやすいので、仕上げにオイルをもみ込んでツヤを与えつつふわっとした束感を作れば完成です。小顔に見せつつ柔らかな雰囲気も楽しめるショートボブ。パーマでスタイリングは簡単なので、朝が忙しいOLやママにもぜひおすすめしたい髪型です!

小顔も柔らかさも手に入る、顔周り長め&中央シースルーの“W前髪”で、大人かわいいショートボブに

顔がでかい人でも大丈夫!小顔効果のあるベリーショート

ラフに動く毛先で骨格矯正

ラフに動く毛先で骨格矯正

■カット&カラー
前髪は流せるように目の下でやや長めにカット。サイドは前下がりになるようリップラインでカットし、バックは耳上のラインに丸みが出るようグラデーションにカットします。スタイリングで毛先をふわっと巻くことを想定し、気持ち長めにカットするのがポイントです。カラーは10トーンのフォギーアッシュ。程よいヌケ感があるカラーなので毛先の立体感が強調され、女性らしい柔らかさを引き出します。

ラフに動く毛先で骨格矯正

■スタイリング
乾かすときはトップの根元をつぶさないように注意。丁寧に行わず、あえて手ぐしでバサバサッと乾かす方がラフな空気感が出やすくなります。全体の毛先を32㎜のヘアアイロンでワンカールします。毛束は90度に引き出して巻くとふわっと仕上がって◎。また一回の毛量は気にせず、ランダムに取って巻いていけばOK。ヘアクリームを手のひらに伸ばし、巻いた毛先をくしゃくしゃっと崩せば完成です。前髪が目にかかるときは毛先を軽くサイドに流しましょう。ラフさを活かしたスタイリングなのでとにかく時間がかかりません! 不器用な人にもおすすめのスタイルです。また後頭部がふわっとするので、絶壁など頭の形が気になる人もぜひtryを。

時短で小顔効果も抜群! ヘア悩みが多い人こそ“女っぽショート”

エラ張りをカバーする

エラ張りをカバーする

■カット&カラー
バックはあご下1cmでカット。首元に沿うようにレイヤーを入れ襟足はすっきりさせます。後頭部は、横から見たとき鼻のラインでボリュームが出るようにグラデーションカットを。サイドはやや前下がりで、顔周りはエラが張った部分に毛先を落ちるようにカットします。耳の周りに毛束がたまると野暮ったく見えるので、耳が透けるくらいに軽くするとおしゃれな印象に。トップには動きが出るようレイヤーを入れます。前髪は目にかからないくらいの長さでカットし、自然にサイドに流れるよう毛量調整を。カラーは10トーンのベージュブラウン。赤みを抑えた柔らかなツヤの出るカラーで、毛束の動きを軽やかに見せます。

エラ張りをカバーする

■スタイリング
直毛やボリュームが出にくい人はパーマをかけると◎。襟足の長さが短い部分はコットンを使用したパーマでボリュームを抑えると、襟足がすっきり見えます。残りのバックを横4段に分け、1段目を17mm、2段目を20mm、3段目を23mm、4段目を26mmのロッドで根元まで巻き込みます。サイドは横3段に分け、1段目は20mm、2段目は23mm、3段目は26mmのロッドで根元まで巻き込みます。前髪は表面と内側の毛の2段に分け、23mmと26mmのロッドで根元まで巻き込みます。毛先がラフに動くように、全体的にパーマはゆるくかけるのが鉄則です。スタイリングはバーム系ワックスとツヤを出すオイルをミックスし、全体的にもみ込むだけでOK。ショートこそ、カット次第で輪郭や絶壁をカバーできます。またパーマをかければ忙しい朝でもスタイリングが簡単。

エラ張りをカバーする“骨格矯正ショート”で、頭の形をキレイに見せてすっきり小顔に!

顔がでかいコンプレックスは治せる?小顔に導くマッサージ法

「パドルブラシ」を使った頭筋マッサージ

小顔になりたいなら、耳周りの筋肉とエラ周りの筋肉をほぐして引き上げるのが効果的。炭酸入りの頭皮用美容液を取り入れると、さらにリフトアップ効果が期待できます。

【STEP1】
ブラシのピンの先端を耳の前の側頭筋に押し当て、「1、2」で回しながらほぐして「3」で引き上げる動作を左右各3回行います。さらにこの動作を耳の上・耳の後ろの順で、同様に左右3回ずつ行い、その後、炭酸入りの頭皮用美容液を塗布して頭皮全体を指の腹でマッサージしましょう。

「パドルブラシ」を使った頭筋マッサージ
最初は耳の前を『1、2、3』!

「パドルブラシ」を使った頭筋マッサージ
次に耳の上を『1、2、3』!

「パドルブラシ」を使った頭筋マッサージ
さらに耳の後ろを『1、2、3』!

「パドルブラシ」を使った頭筋マッサージ
資生堂プロフェッショナル|ザ・ヘアケア フェンテフォルテ サーキュリストソーダ 130g ¥2,300

【STEP 2】
ブラシのピンの先端全体をエラ周りの筋肉に当てたら、STEP1と同じ要領で「1、2、3」で緩めながら引き上げていく動作を、左右各3回繰り返します。その後、手のひら全体でフェースラインを約5秒間、グーッと“形成”し、スキンケアを。

「パドルブラシ」を使った頭筋マッサージ
肌をこすらないよう注意して!

「パドルブラシ」を使った頭筋マッサージ

頭筋マッサージで小顔に!|美容研究家 樋口賢介さん監修「パドルブラシ」の使い方

老廃物を流す静脈マッサージ

顔周りには、頭頸部の太い静脈が集まるジャンクションのような場所が3か所あります。そこを目標に、静脈を流し下していきます。

老廃物を流す静脈マッサージ
①耳珠(じじゅ)
→血液が流れつくポイント

②耳垂(じすい)
→耳たぶのすぐ下。頰骨から下の血液の流れを集めるポイント

③マンディブラーノッチ
→えら(あごの骨の角)に人さし指を当てたとき、その1cm程内側に感じる骨のくぼみ(中指が当たる所)。顔面の神経、動脈、静脈がすべて通り、首のいちばん太い静脈へと続く最重要ポイント

老廃物を流す静脈マッサージ
力加減はホースをしごき流すイメージ。一般的なさすり流すマッサージよりもやや強めの力で圧をかけていきましょう。

\静脈マッサージ全7プロセス/
各プロセス1〜1 0 回3 セットを目標に!

老廃物を流す静脈マッサージ

老廃物を流す静脈マッサージ
額を手のひら全体で覆い、そのまま手のひら全体を押し当てながらこめかみを通り、中指がマンディブラーノッチに届くまで流していきます。左を流したら右側も同様におこないましょう。

老廃物を流す静脈マッサージ

老廃物を流す静脈マッサージ
次に、両手で鼻を覆うポジションから、目の下まで指をさすり下ろしていきます。目の下からは手のひら全体を頰に押しつけ、圧を加えながらマンディブラーノッチまで流し落とします。

老廃物を流す静脈マッサージ


あごを上げながら、左側は右手で、右側は左手で交互に、首の真ん中にある軟骨のやや外側を意識しながら、鎖骨へ向かって4本の指の腹全体を使い流し落としていきます。そこからさらにもう少し外側のラインも同様に流し落としていきましょう。


目の上下の3ルートを、目頭側から耳珠に向かい、指先をそろえて流していきます。

上/両目を覆うように手を当て、4本の指先で眉毛のラインをなぞります。
中/目のすぐ下のラインをなぞります。
下/頰骨のトップのやや上をなぞります。


“ヤッホー”のポーズからスタートし、人さし指の側面全体を顔に押し当てたら、耳垂に向かって流してきます。下方へずらしていきながら、3ライン行いましょう。


最後は、人さし指と中指の先であごの先端を挟み、指であごの骨をなぞり上げながら耳垂まで流したあと、3と同様に首の静脈を流して1セット完了です。この手順を全部で3セット繰り返しましょう!

老廃物を流してクリアな小顔に! プロ直伝の静脈マッサージテクニック

朝やバスタイムにリンパマッサージ

朝やバスタイムにリンパマッサージ
温めた手のひらを首筋に当ててゆっくり押すことで血流が高まり、くすみがオフ!

朝やバスタイムにリンパマッサージ
眉頭の下を指で押すと、目元の疲れやむくみが取れます。

朝やバスタイムにリンパマッサージ
常盤薬品工業|サナ エステニー ホット・マッサージュ(フェイス)NA  160g ¥1,000

朝やバスタイムにリンパマッサージ
メルヴィータジャポン|ビオオイルアルガンオイル  50ml ¥3,500

美的専属モデル・有村実樹の小顔キープ習慣教えます!

*価格はすべて税抜きです。

(エディタ(Editor):dutyadmin)
    ------分隔线----------------------------
    コメント(comments)
    Please observe the policies and regulations of the Internet.

    コメント(comment):
    気持(Expression):
    コード(Code):change
    最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
    ランキング(Ranking)