今の位置(Current Position): ホームページ(Homepage) > 旅行・おでかけ >

アジア初上陸「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」六本木ヒルズで開催

時刻(time):2019-03-14 12:40源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
【女子旅プレス】ピクサー・アニメーション・スタジオの作品を生みだす技法と科学に迫る展覧会「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」が、東京・六本木ヒルズ展望台 東京シティビューにて、2019年4月13日(土)~ 9月16日(月・祝)まで開催される。 <リギング>(C)Michael Malyszko 本展は「The Science Behind PIXAR」と題して2015年にボストンサイエンスミュージアムに

【女子旅プレス】ピクサー・アニメーション・スタジオの作品を生みだす技法と科学に迫る展覧会「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」が、東京・六本木ヒルズ展望台 東京シティビューにて、2019年4月13日(土)~ 9月16日(月・祝)まで開催される。

<リギング>(C)Michael Malyszko
<リギング>(C)Michael Malyszko
本展は「The Science Behind PIXAR」と題して2015年にボストンサイエンスミュージアムにて初めて開催され、これまでアメリカやカナダの8か所で合計150万人以上を魅了したアジア初上陸の展覧会。

展覧会イメージ(C)Disney/Pixar
展覧会イメージ(C)Disney/Pixar
『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』などの名作を世に送り出してきたPIXARアニメーション制作の裏側を、制作のカギとなる8つの工程にて紹介。PIXAR作品を支える科学について、実際のアニメーション制作工程を実際に体験しながら、魅力的なキャラクター達がどのように生みだされ、作品がいかに作られていくのか学べる体験型展示となる。

展示会で体験できるアニメーション制作の8つの工程



<モデリング>(C)Michael Malyszko
<モデリング>(C)Michael Malyszko
まず「Modeling/モデリング」では、アーティストが描いたスケッチを基に、コンセプト・アートに沿ってデジタルモデラーがキャラクターのバーチャル3Dモデルを制作し、“キャラクターの形をつくる”工程を学ぶ。

「Rigging/リギング」では、モデリングで作られたキャラクターをリアルに動かすために仮想の骨や関節、筋肉をつくり、モデルの動きを設計、キャラクターの動きを作り上げる。

また、髪や服などの外見のオブジェクトの表面を加工し表現する「Surfaces/サーフェイス」、セットデザイナーがバーチャルの世界を構築し、カメラアーティストが構成・カメラアングル・レンズタイプなどを決め、バーチャルの世界を撮影する「Sets & Cameras/セット & カメラ」が続く。

<アニメーション>(C)Nicolaus Czarnecki
<アニメーション>(C)Nicolaus Czarnecki
「Animation/アニメーション」では、実際にアニメーターがキャラクターに演技をつけて動きを加え、ストーリーに命を吹き込む。

「Simulation/シミュレーション」では、シミュレーションプログラマーにより、キャラクターの髪の毛や衣服といった細部を本物のように動かす動作を設定。

<ライティング>(C)Michael Malyszko
<ライティング>(C)Michael Malyszko
「Lighting /ライティング」では、照明デザイナーが照明効果でシーンに強弱をつけ、ストーリーの感情を引き出し、観客の視線を誘導するなど、情感あふれるシーンをつくり上げる。

そして最終段階となる「Rendering/レンダリング」では、すべての制作工程を最終的な2Dイメージへと仕上げ、映画館などで楽しめる状態までアニメーションを完成させていく。
PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス(C)Disney/Pixar
PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス(C)Disney/Pixar
なお本展では、各エリアでキャラクターとの写真撮影も可能となる。(女子旅プレス/ビューティーガール)

「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」 開催概要



会期:2019年4月13日(土)~ 9月16日(月・祝)※会期中無休
会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)
開館時間:10:00~22:00(最終入館21:30)
入場料:一般1,800円、高校生・大学生1,200円、4歳~中学生600円、シニア(65歳以上)1,500円
問い合わせ:03-6406-6652(東京シティビュー)

The Science Behind Pixar was developed by the Museum of Science,Boston in collaboration with Pixar Animation Studios.(C) 2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.Used Under Authorization.

【Not Sponsored 記事】
(エディタ(Editor):dutyadmin)
    ------分隔线----------------------------
    コメント(comments)
    Please observe the policies and regulations of the Internet.

    コメント(comment):
    気持(Expression):
    コード(Code):change
    最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
    ランキング(Ranking)