今の位置(Current Position): ホームページ(HomePage) > ボディ・ダイエット >

毎日1分!全身を引き締めるハードなエクササイズ | ビューティーガールからの美容・美肌情

時刻(time):2019-03-24 10:37源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
アラサーになってから、ボディラインがどんどん下がってきていると感じている人も多いのでは? 美しい引き締まった身体は、毎日のボディケアがつくります。わずか1分間だけでもいいので、毎日ちょっとした運動を行うことが大切です。 今回ご紹介するものは少々ハードなエクササイズですが、上半身と下半身をつなぐ筋肉である「大腰筋」を活性化させ全身すっきりボ

アラサーになってから、ボディラインがどんどん下がってきていると感じている人も多いのでは? 美しい引き締まった身体は、毎日のボディケアがつくります。わずか1分間だけでもいいので、毎日ちょっとした運動を行うことが大切です。

今回ご紹介するものは少々ハードなエクササイズですが、上半身と下半身をつなぐ筋肉である「大腰筋」を活性化させ全身すっきりボディを目指すことができます。代謝アップ効果も期待できるので、痩せやすい身体を手に入れたい人はぜひ試してみて!

大腰筋 トレーニング

大腰筋にアプローチすると良いメリット

大腰筋は胴体と足を結ぶインナーマッスルです。しっかり使えていると以下の嬉しい効果が期待できます。

・美脚

・美尻

・美姿勢

・腰痛改善

・美しい歩行

次に紹介するエクササイズをリズミカルに行うことで、有酸素運動の効果も取り入れていきましょう。余剰に摂取してしまった脂肪や糖の代謝に有効といわれています。

全身を引き締める「ランジエクササイズ」のやりかた

(1)まっすぐに立って準備をしましょう。

まっすぐに立って準備をしましょう

(2)大きく一歩左足を後ろに引きます。重心も左足におき、あわせて左手を上にあげましょう。

大きく一歩左足を後ろに引きます。重心も左足におき、あわせて左手を上にあげましょう。

(3)地面を蹴る力で、後ろに引いた左足を胸の前まで勢いよくあげましょう。この時、左手はさげて右手をあげます。

地面を蹴る力で、後ろに引いた左足を胸の前まで勢いよくあげましょう。この時、左手はさげて右手をあげます。

(4)もう一度(2)のポーズへ。左足を後ろへ置きましょう。肋骨から足が生えているようなイメージを持ちながら行ってみてください。

(2)&(3)の足を引く&蹴るをひたすら繰り返します。1秒間に1セット×30回ほど行ったら一度休憩し、反対側の足にチェンジします。

残念なNGランジのパターン

下の写真のように前の足に重心が乗ってしまい、背中が丸くなってしまうと上手く大腰筋が働きません。

NGランジポーズ

また前に残した足が内側に入ってしまわないように気を付けていきましょう。

NGランジポーズ

大腰筋にフォーカスをしていますが、正しいフォームで行うと全身の筋肉にスイッチが入るエクササイズです。
また、トレーニングをすれば普段の歩行が大腰筋優位なウォーキングとなります。効率よく筋肉を使えますのでダイエットに効果的です。


よく目にするランジエクササイズですが、正しくフォームを取ることが鍵となります! また音楽などに合わせて声を出しながら数を数えてみてください。全身の筋活動が盛んになり、代謝アップ効果が期待できますよ。

ライタープロフィール

スタイルアップトレーナー・才原洋子

女性のためのスタイルアップトレーナー。女性専用トレーニングスタジオSOU赤坂店主宰。OPEN3か月で予約の取れない人気店に。BESJpilatesマスタートレーナー/バーオソルオフィシャルトレーナー/女性の美ボディメイクを数多く実現。

【保有資格】

Body Element Pilates トレーナー/BodyKey トレーナー/MasterStretch トレーナー/SOU認定スタイルアップトレーナー/SOU認定 スタイルアップ矯正士/小顔美容矯正士/NCG栄養コンシェルジュ

    (エディタ(Editor):dutyadmin)
      ------分隔线----------------------------
      コメント(comments)
      Please observe the policies and regulations of the Internet.

      コメント(comment):
      気持(Expression):
      コード(Code):change
      最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
      ランキング(Ranking)