今の位置(Current Position): ホームページ(HomePage) > グルメ >

お米好きなら「#フィリピン料理」♡おすすめレシピ10 -

時刻(time):2019-07-11 11:07源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
アドボ(Adobo)はフィリピンの煮込み料理のこと。語源はスペイン語のアドバル(adobar)からきています。手羽元や豚足を酢や醤油、魚醤などで煮込みます。白米だけでなくビールも進む味付けです。 ②カレカレ(Kare-kare) カレカレ(Kare-kare)は、野菜とピーナッツソース、牛肉を煮込んだフィリピン版シチュー。とろっとしたルーにごろごろと具材が入っています。アドボと

アドボ(Adobo)はフィリピンの煮込み料理のこと。語源はスペイン語のアドバル(adobar)からきています。手羽元や豚足を酢や醤油、魚醤などで煮込みます。白米だけでなくビールも進む味付けです。

②カレカレ(Kare-kare)

カレカレ(Kare-kare)は、野菜とピーナッツソース、牛肉を煮込んだフィリピン版シチュー。とろっとしたルーにごろごろと具材が入っています。アドボとともにフィリピンの国民食と言われている一品です。

③シシグ(Sisig)

シシグ(Sisig)は、細かくカットした豚肉を醤油やお酢、にんにく、唐辛子などで炒めた料理です。しっかりとした味付けはビールのおつまみにぴったり。ごはんにかけて丼にして食べるのもおすすめです。

④ピナクベット(Pinakbet)

ピナクベット(Pinakbet)は、色々な野菜をバゴオン(フィリピン版塩辛)で煮込んだ料理のこと。こちらのレシピでは、アミの塩辛で代用しています。たっぷりの野菜を食べたい時にどうぞ。

⑤トクワバボイ(Tokwa't baboy)

トクワバボイ(Tokwa't baboy)は、厚揚げと豚肉を酢や醤油で炒めた食べ物です。中国の文化の影響で炒め物レシピが美味しいのもフィリピン料理の特徴。厚揚げが入っているので、ヘルシーながら食べごたえ満点です。

⑥パンデサル(Pandesal )

フィリピンはアメリカやスペインの影響でパンも食します。ふわふわのパンデサル(Pandesal )はエバミルクを使用して作ります。ホームベーカリーがなくても手ごねでOK。お米派の方も、ほんのり甘くもちもちとした食感にやみつきになること間違いなしです。

⑦パンシット・ビホン(Pansit Bihon)

パンシット・ビホン(Pansit Bihon)は、フィリピンのビーフン料理。冷めてもおいしいのでお弁当のおかずにもおすすめ。フィリピン醤油を使うと更に現地の味に近づくので、輸入食材店やネット通販で入手してみてください。

⑧ギニサン・サヨーテ(Ginisangsayote)

ギニサン・サヨーテ(Ginisangsayote)は、はやとうりを使った炒め物のこと。トマトやにんにく、豚肉など、特別な材料を買わずとも作れます。はやとうりが手に入ったらぜひチャレンジしてみて♡

⑨ルンピア(Lumpia)

ルンピア(Lumpia)はフィリピン版春巻きのこと。屋台でよく売られており、ナンプラーやスイートチリソースなどをつけていただきます。サクサクで食べやすく、ビールのお供にもぴったりです。

⑩ハロハロ(haluhalo)

ハロハロ(haluhalo)はフィリピンのデザートで、他国のパフェやサンデーにあたるものです。フルーツやタピオカ、かき氷などをトッピングし。混ぜながらいただきます。夏のひんやりデザートにいかが?

意外と簡単!フィリピン料理

Joel Maninang / Getty Images

フィリピン料理は日本にある食材で作れるものが多く、白米にも合うおかずが盛り沢山♡全体的に甘めの味付けのため、お子さんでも食べられます。ぜひ自宅で作ってみてくださいね。

(エディタ(Editor):dutyadmin)
    ------分隔线----------------------------
    コメント(comments)
    Please observe the policies and regulations of the Internet.

    コメント(comment):
    気持(Expression):
    コード(Code):change
    最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
    ランキング(Ranking)