今の位置(Current Position): ホームページ(HomePage) > ボディ・ダイエット >

脂肪燃焼させるなら運動前にコーヒーを飲むべし!? | ビューティーガール

時刻(time):2019-11-09 19:44源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
脂肪燃焼させるなら運動前にコーヒーを飲むべし!? コーヒーといえばカフェインなしには語れません。カフェインの眠気を防ぐ作用は一般的に認知度が高いですが、脂肪を分解するなどダイエット効果もあるとされています。 コーヒーには様々な作用があるとしばしばテレビや新聞で目にします。 ガン予防、痴ほう症の予防、消化促進、集中力アップなどの様々なメリッ

脂肪燃焼させるなら運動前にコーヒーを飲むべし!?

コーヒーといえばカフェインなしには語れません。カフェインの眠気を防ぐ作用は一般的に認知度が高いですが、脂肪を分解するなどダイエット効果もあるとされています。
コーヒーといえばカフェインなしには語れません。カフェインの眠気を防ぐ作用は一般的に認知度が高いですが、脂肪を分解するなどダイエット効果もあるとされています。

コーヒーには様々な作用があるとしばしばテレビや新聞で目にします。
ガン予防、痴ほう症の予防、消化促進、集中力アップなどの様々なメリット、また反対に発ガン性、胃潰瘍の助長、貧血等のデメリットがあるされるなど、コーヒーは話題に事欠きません。
メリット・デメリットの両面があるようですが、そんな中やっぱりありました。ダイエット効果!

■コーヒーの様々な効果

コーヒーといえばカフェインなしには語れません。
カフェインの眠気を防ぐ作用は一般的に認知度が高いですが、脂肪を分解するなどダイエット効果もあるとされています。

①脂肪燃焼効果
カフェインには、「リパーゼ」という脂肪の分解を促進する酵素の働きを活性化させる働きがあります。その働きにより体内の脂肪が分解され、エネルギーとして消費されます。これはつまりカフェインを摂ると脂肪が燃焼されやすい状態になるということ。

この働きをダイエットに効果的に取り入れるなら、運動を始める20~30分前にコーヒーを飲むと良いでしょう。 量を多く飲むほど効果が高まるというわけではないので、1杯のコーヒーを(なるべくブラックで)リラックスして飲みましょう。

コーヒーに含まれている「クロロゲン酸」というポリフェノールの一種には、カフェインと同様に脂肪の分解を促進する効果があると言われていますが、この成分は熱に弱くコーヒー豆の焙煎時にほとんどが分解されてしまうそうです。ダイエットコーヒーとして販売されている商品なら含まれている場合もありますが、普通のコーヒーではクロロゲン酸はそれほど期待できないでしょう。

ある研究で、1日に250mg以上のカフェインを摂ると、夜中に目が覚める回数が多くなることが分かっています。カフェインの摂り過ぎは睡眠の質を下げ、体や脳をゆっくり休ませることができません。

②代謝アップ&むくみ解消
カフェインには利尿作用があり、むくみの解消に期待ができます。
また、血行を良くする効果があるため、基礎代謝が高まります。血液の循環が良くなり、代謝が良くなることで、冷え性や肩こりの解消にもつながります。

③リラックス効果
コーヒーのいい香りを嗅ぐと気分が良くなることは、皆さんも実感したことがあるのではないでしょうか?
実際、コーヒーの香りにはリラックス効果があることが研究により分かっています。脳からアルファ波が出て心身ともにリラックスすれば、ストレスの軽減になります。

■飲み過ぎに注意!

ある研究で、1日に250mg以上のカフェインを摂ると、夜中に目が覚める回数が多くなることが分かっています。カフェインの摂り過ぎは睡眠の質を下げ、体や脳をゆっくり休ませることができません。

コーヒー以外では緑茶やコーラにもカフェインが含まれています。この一覧を参考にしてみてください。右のグラム表示がカフェイン量です。

コーヒー (インスタント) 150ml : 65mg
コーヒー (ドリップ) 150ml : 100mg
緑茶 150ml : 30mg
紅茶 150ml : 30mg
コーラ 350ml : 35mg

濃さにもよってカフェイン量は多少異なりますが、ドリップコーヒーなら基本的には1日2杯くらいまでにしましょう。

ダイエットを目的にコーヒーを飲む場合、やはりできるだけブラックで飲むことをお勧めします。コーヒー自体はカロリーがありませんが、砂糖とミルクでカロリーがアップします。これを1日に何杯もとなると、トータルではなかなかのカロリーになってしまいます。どうしても入れたい場合は、ミルクなら無脂肪のもの、砂糖は少しにするか代わりにはちみつを少量入れるなどしましょう。

今回のまとめ

カフェインの過剰摂取は体に良い影響がありません。特に授乳中や妊娠中は摂取を控えめにすること推奨されています。
コーヒーダイエットといっても、たくさん飲めば良いということではありません。
必ず適量を守りましょう。

(エディタ(Editor):dutyadmin)
    ------分隔线----------------------------
    コメント(comments)
    Please observe the policies and regulations of the Internet.

    コメント(comment):
    気持(Expression):
    コード(Code):change
    最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
    ランキング(Ranking)