今の位置(Current Position): ホームページ(HomePage) > 恋愛・ラブ >

“浮気夫に完全勝利”した主婦のタメになる教え。証拠には何が有効? | ビューティーガー

時刻(time):2020-07-28 08:19源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
夫の浮気に不倫。SNSや芸能界だけの話、我が家は大丈夫。でも、いざ自分の身に降りかかったらどうしますか。『 平凡な主婦 浮気に完全勝利する 』は、結婚後わずか2年で夫の浮気と不倫が発覚した妻の実録マンガ。しかも完全勝利しているのです。 夫のLINEを見て浮気発覚 事の発端は、妻が夫のLINEをたまたま見てしまってから。本書よりその1話を出張掲載します! 早々

 夫の浮気に不倫。SNSや芸能界だけの話、我が家は大丈夫。でも、いざ自分の身に降りかかったらどうしますか。『平凡な主婦 浮気に完全勝利する』は、結婚後わずか2年で夫の浮気と不倫が発覚した妻の実録マンガ。しかも完全勝利しているのです。

夫のLINEを見て浮気発覚


 事の発端は、妻が夫のLINEをたまたま見てしまってから。本書よりその1話を出張掲載します!

平凡な主婦 浮気に完全勝利する1話-1
平凡な主婦 浮気に完全勝利する1話-2
平凡な主婦 浮気に完全勝利する1話-3
平凡な主婦 浮気に完全勝利する1話-4
平凡な主婦 浮気に完全勝利する1話-5
平凡な主婦 浮気に完全勝利する1話-6
平凡な主婦 浮気に完全勝利する1話-7
 早々にクロだと見破った妻は完璧な離婚を遂行するため、探偵事務所に駆け込みます。え? 悩んだり悲しんだりしないの?と面食らってしまいますが、この潔さが完全勝利への第一歩。さっそく本書から秘策を抜粋していきましょう。




裁判で勝つために必要な準備とは?


 まず探偵社に浮気調査を依頼する場合の金額は、10万円~100万円以上。高いか安いかは本人がジャッジするところですが、プロに任せれば証拠収集から戦い方等々、まるっとサポートしてもらえます。

 ちなみに本書のケースは、「夫は仕事の取引先の女性と浮気。相手の家で会っている」ので、「裁判で勝つには、最低2回は会っているところを押さえなければならない」のです。

 しかも「一定期間継続した肉体関係があるという状況証拠」が必要です。つまり、言い逃れできないような確固たる証拠が必要不可欠なのです。これって、単独でやるには案外難しいですよね。







着々と証拠を集める妻


 自宅で一緒に過ごす夫は、相変わらずやさしくて良い夫。でも裏では……、というギャップに悶え苦しむ妻。本書からは、絶対に私は悪くない!という叫びが聞こえてきます。多少は反省するというか、自らを振り返る妻が多い中、本書の主人公はかなり強気です。

着々と証拠を集める妻『平凡な主婦 浮気に完全勝利する』
 苦悶しつつも夫のスマホをチェックし、「トーク画面をスクロールしながら撮影」「撮影中は電話がかかってこないようにフライトモードにする」等、探偵事務所におしえられたテクニックを駆使し、証拠集めに余念がありません。

 やがて感情を爆発させ、夫にすべてをぶちまけます。しかも往来で修羅場を繰り広げるのです。強い、と感心するとともに、ほんの少しだけ、夫が気の毒に思えてしまいました。いえいえ、もとはといえば夫が悪いのですが。





夫の浮気相手と対面


 夫の謝罪を受け、妻は浮気相手に会いに行きます。可愛らしいマンガで綴られているとはいえ、ここでも妻の意見はかなり辛辣。まあ、夫の浮気相手に良い評価を下す妻はごく稀でしょう。

夫の浮気相手と対面

写真はイメージです

 しかし「美意識皆無の容姿、胸もペタンコ、肌も汚いしカサカサ、潤いがない、負のオーラやばい!」って、読んでいてこっちが負のオーラやばくなりそうでした。このくらい覚悟を持って戦わないと、完全勝利に至らないのでしょう。

 敵もさるもので、妻と対面したにもかかわらず夫に「違約金の200万円取られても構いません。私は遊びじゃありません」メールを送りつけるんですよ。当然、妻もガッツリ読んでいます。

 さて夫は妻と浮気相手どちらを選ぶのか、この後の驚きの展開はぜひ本書で確かめてみてください。

離婚? 復縁? どちらを選ぶか


 本書には実録マンガだけではなく、実際に浮気&不倫された時に何をしたらいいか、順を追って説明されています。気持ちの整理の仕方、夫のタイプの見極め方、完全勝利離婚のフローチャート等々。結婚に絶対的な正解がないように、離婚や復縁にも絶対的な正解はありません。本書はあくまで参考図書。こんな風に行動すれば自分を守れるんだ、泣き寝入りしなくていいんだ、という学びにはなります。読み終えた後には、あなたも強くなっているかもしれませんよ。

小説家・森美樹のブックレビュー

<文/森美樹>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
1970年生まれ。少女小説を7冊刊行したのち休筆。2013年、「朝凪」(改題「まばたきがスイッチ」)で第12回「R-18文学賞」読者賞受賞。同作を含む『主婦病』(新潮社)を上梓。Twitter:@morimikixxx



(エディタ(Editor):dutyadmin)
    ------分隔线----------------------------
    コメント(comments)
    Please observe the policies and regulations of the Internet.

    コメント(comment):
    気持(Expression):
    コード(Code):change
    最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
    ランキング(Ranking)