今の位置(Current Position): ホームページ(HomePage) > 恋愛・ラブ >

子どもがいてもラブラブ♡仲良し夫婦のちょっとした習慣 -

時刻(time):2020-08-01 07:58源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
子どもがいてもラブラブでいたい! 子どもが生まれてもラブラブな夫婦でいるには、どうすればいいのでしょう。よくある回答は「2人の時間を作る」「子どもを預けてデートに行く」などですが、現実には難しいことが多いですよね。 Prostock-Studio / Getty Images そこで今回は、子育て中の夫婦が仲良しでいるための、ちょっとした習慣をご紹介していきます。日常で意識でき

子どもがいてもラブラブでいたい!

子どもが生まれてもラブラブな夫婦でいるには、どうすればいいのでしょう。よくある回答は「2人の時間を作る」「子どもを預けてデートに行く」などですが、現実には難しいことが多いですよね。

Prostock-Studio / Getty Images

そこで今回は、子育て中の夫婦が仲良しでいるための、ちょっとした習慣をご紹介していきます。日常で意識できる些細なことばかりなので、ぜひ意識してみてください。

仲良し夫婦のちょっとした習慣

①朝はどんなときでも明るく「おはよう」

仲良し夫婦に欠かせないコミュニケーションの基本は、挨拶です。どんなに疲れていても、1日のスタートには、明るく「おはよう」を言いましょう。それだけで、家の中がパッと明るくなります。

Halfpoint Images / Getty Images

お互いに「おはよう」を言わなくなると、朝時間は無言でいることが増え、関係が冷えきっていくので要注意。喧嘩の後でも「おはよう」だけは欠かさないようにすると、泥沼化を防ぐことができますよ。

②同じ本、雑誌を読む

子どもについての話は良いですが、必要最低限の連絡事項だけの会話しかないのは悲しいですよね。同じ情報を目にしていると、会話がどんどん膨らみます。特に男性は、趣味の話にノッてくれると嬉しくなるものです。

thomasandreas / Getty Images

本、雑誌などは、旦那さんが見ているものにも目を通すようにしましょう。自分が興味のないジャンルであっても、試しに読んでみて。面白い発見があるかも。知識量が同じように増え、自然と考えも似てきます。

③2人きりの時は女度を上げる香りを♡

子どもがいてもラブラブでいるためには、時には女性として意識してもらうことが大事。とはいえ、家の中でメイクも服装もばっちりとはいきませんよね。そこで2人きりの時はいい香りをまとってみましょう。

Visoot Uthairam / Getty Images

女度を上げ、異性としての存在を意識させる効果を発揮してくれるかも。例え短い時間でも、2人きりのときにはシュッと身にまとってみては。

※乳児は匂いに敏感で、ママ以外の香りに不安になる場合もあります。直接肌につけると香りがきつくなってしまうため、ふわっと体全体が香るよう、付け方に注意しましょう。

④不満は態度ではなく言葉で伝える

ラブラブな夫婦でも、ちょっとした不満はあるものです。関係が冷え切った夫婦との違いは、不満をしっかり言葉で伝える習慣があるかどうか。怒りになる前の段階で伝え、改善策を話し合います。

AntonioGuillem / Getty Images

イライラした態度をとって察してもらおうとするのはNG。察するのが苦手な男性にとってはわけが分からず、それが怒りに変わってしまうことも。小さなことでも、言葉で伝えていくことが大切です。

⑤一緒に心地よいことをする

ラブラブ夫婦は子どもがいる忙しい毎日の中でも、“心地よさ”を共有しています。例えばマッサージをしあったり、コーヒーでホッと一息ついたり...一緒に癒される体験をすると自然と心の距離が縮まります。

nd3000 / Getty Images

その習慣があると、心も体もリラックスするときに隣にいて欲しい、本当に心が許せる存在になります。一緒にリラックスすると、自然とスキンシップも増えるかも!?

⑥子どもと一緒にギュッ!

夫婦のスキンシップが減るとラブラブから遠ざかってしまいます。そう分かっていても、キスやハグをするのは照れくさいという方も多いですよね。そこでおすすめなのが、子どもと一緒にギュッ!とすること。

nd3000 / Getty Images

子どもを含んでのスキンシップでも、心の距離が近づき、気軽に腕が組める関係に。ラブラブ度が増していく習慣です。お見送りや寝る前などに毎日行うようにしてみましょう。

➆2人の思い出を振り返る

ラブラブ夫婦は、2人での思い出をよく振り返ります。それは、新鮮な気持ち、楽しい気持ちを忘れないため。どうしても記憶は薄れていってしまうものなので、定期的に思い出を振り返ってみましょう。

Halfpoint Images / Getty Images

ふいに付き合った頃、新婚の頃のエピソードを話すのも効果的。「あのとき実はこう思っていたんだよ。」など、意外な告白をすると、ドキドキを取り戻す効果大です。

⑧断るときこそ「ありがとう」

絆の強いラブラブ夫婦は、断るときにこそ「ありがとう」を欠かしません。「今は大丈夫。ありがとう。」「気持ちは嬉しいけど大丈夫。」といった思いやりを感じさせる断り方を習慣にしています。

nd3000 / Getty Images

本人は深く考えていなくても「いらない」「しなくていい」といった否定的な言葉で終わらせてしまうと、寂しい気持ちになるもの。してあげたい気持ちもなくなり、関係が冷えてしまう原因になるので要注意ですよ。

(エディタ(Editor):dutyadmin)
    ------分隔线----------------------------
    コメント(comments)
    Please observe the policies and regulations of the Internet.

    コメント(comment):
    気持(Expression):
    コード(Code):change
    最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
    ランキング(Ranking)