【もくじ】

二の腕が太くなるのはどうして?

二の腕が太くなる原因には
・姿勢の悪さ
・皮下脂肪やむくみ・たるみ
・筋力低下
などがあげられます。

さらに、肩から二の腕にかけて脂肪がつくと肩のラインが丸みを帯びて見えるので、全体として太っているわけではなくても「丸い」と錯覚してしまうのです。

二の腕をほぐしてめぐりを良くし、しっかり筋力をつけて、すっきりとした印象をめざしましょう!

まずはしっかりほぐす!

二の腕をほぐして体内に溜まっている余分な水分や老廃物をしっかり排出し、血行やリンパの流れを良くしましょう。

お風呂で身体が温まっているときや、エクササイズ後などに行うのがおすすめです。1日1~2回、できるときに行ってみてください。

1. 脇の下の前側(小胸筋)をグッとつかむようにほぐします。

2. 脇の下の後ろ側(前鋸筋)をグッとつかむようにほぐします。

3. 腕の骨から筋膜をはがすようにほぐします。

4. 肘側から脇のリンパに老廃物を流しましょう。

二の腕ねじり

両手を横にひろげて、手のひらを内外にねじりましょう。

1. 手のひらを内側にねじります。できる方はもっとねじりましょう。このとき、肩が上がらないように注意しましょう。

2. 手のひらを外側にねじります。勢いをつけずに、二の腕の奥の筋肉がのびているのを感じながら行ってください。

手のひら内外の動きを1回として、60回を3セット行います。

スワンアーム

1. 両腕を下げたら、ひじから二の腕を軽く横に張り、丸みをつけたポーズからスタート。

2. ひじと二の腕を使いながら、ゆっくりと腕を上げていきます。このときに、ひじから上げるように意識して行ってください。

3. 頂点に来たら二の腕を張り、手首同士をつけます。

4. ひじから下げるような感覚で腕を下ろしていきます。背中側でひじとひじをくっつけるように意識しましょう。そうすることで肩甲骨がしっかりと動いてくれます。

30回を3セット行います。

<ポイント>
腕をまっすぐ棒のようにして単純に上下させるのではなく、ひじを主軸に小さな円を描くようにして動かしてください。

さらにできる方は

顔も上下につけて動かしてみてください。顔をつけることでデコルテラインが美しくなり、小顏効果や顔のたるみ防止にもつながります。

1. 手振りが上のときは顔も上に。肩は下げて、首をしっかりのばしてください。

2. 手振りが下のときは顔も下に。肩はグッと下ろします。

二の腕だけでなく背中やバスト、デコルテラインにまでアプローチ

普段使っていない筋肉を動かすことで、二の腕だけでなく背中の筋肉まで刺激することが可能です。バストの筋肉も鍛えることができ、バストアップの効果も期待できます。さらに、肩周りを動かすことで血液の流れがよくなり、老廃物の代謝が促されるので、首筋から鎖骨にかけてのデコルテラインまでキレイに! おうちですぐにできるので、ぜひ今日から試してみてください。

執筆/栗本 奈央
編集/ビューティーガール