今の位置(Current Position): ホームページ(HomePage) > 旅行・おでかけ >

金沢・近江町市場初のご当地さつまいもスイーツ専門店「おさつスイーツ工房 おいも家」

時刻(time):2020-10-16 09:41源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
作りたてを目の前で絞って仕上げる「おいもぶらん」 金沢の台所ともいわれる近江町市場にオープンした「おさつスイーツ工房 おいも家」。金沢名物のひとつ加賀野菜の「五郎島金時」を主役に、厳選された新鮮なさつまいものみを使用したスイーツを店内の工房ですべて手作りしています。 さつまいも本来の味を最大限に活かすため、オリジナルのシンプル製法で作り上

作りたてを目の前で絞って仕上げる「おいもぶらん」

金沢の台所ともいわれる近江町市場にオープンした「おさつスイーツ工房 おいも家」。金沢名物のひとつ加賀野菜の「五郎島金時」を主役に、厳選された新鮮なさつまいものみを使用したスイーツを店内の工房ですべて手作りしています。

さつまいも本来の味を最大限に活かすため、オリジナルのシンプル製法で作り上げたさつまいもスイーツは、五感で楽しめる商品がラインナップ。

その中でも、イートインスペースで味わえる「おいもんぶらん」980円は、注文してから目の前でさつまいもペーストを絞り上げる、ライブ感も見逃せません。

カップの中には、サクサクの自家製メレンゲや大きくカットしたさつまいも、ジェラート、その上に豪快に「五郎島金時」のさつまいもペーストを絞り、新しい食感と味わいのコラボが楽しめるさつまいもモンブランに。

目と香りで感じる美味しさと、舌で味わえる美味しさがつまった一品です。

希望に合わせてサイズが選べるできたて「焼き芋」

お芋の熟成期間を含めて、こだわりの焼き製法で2度焼きしている「焼き芋」は、事前に焼き上げた焼き芋を冷凍庫で休めることで、更に焼き芋自身の蜜(甘み)をぐっと引き出しています。そして、再度ふっくらと焼き上げることで、“できたて”アツアツの焼き芋に。

「焼き芋」は、常時3種類ラインナップ。ホクホク感が最大の魅力である「五郎島金時」、ねっとりとした甘みが特徴的な「紅はるか」を中心に、もうひとつはその時美味しいさつまいもを選んでくれます。

「焼き芋」はさつまいも本来の味を最大限に楽しめる自然のおやつ。希望のサイズを1gあたり2.4円で量り売りしてくれますよ。

「五郎島金時」100%の「おいもプリン」

手みやげにおすすめなのが、毎朝、お店の工房で「五郎島金時」を丁寧にペースト状にし、特製のプリン液に混ぜ込んだ「五郎島金時」100%の「おいもプリン」390円。

既製のさつまいもペーストを使わずに、手でペースト状にすることで、さつまいもの食感や香りをそのままプリンに閉じ込めます。

なめらかでトロトロな口当たりが特徴的で、口の中でとろけるお芋のうまみが味わえる濃厚な「おいもプリン」です。

温かいと冷たいが2度美味しい「おいもアイス」

さつまいもの美味しさをダイレクトに感じられる「おいもアイス」は、焼き芋1g当たり2.4円+アイス160円。

店頭に並ぶ、焼きたての焼き芋の上に、ジェラート2個をトッピング。さつまいも本来の味が楽しめる、温かいさつまいもの上に冷たいジェラートが溶けだす贅沢スイーツです。

金沢の台所ともいわれる「近江町市場」の活気を感じながら、旅の途中のおやつに「おさつスイーツ工房 おいも家」へ立ち寄ってみませんか。

■おさつスイーツ工房 おいも家
オープン日:2020年10月10日(土)
住所:石川県金沢市下松原町49(近江町市場内)
時間:10時~ ※売り切れ次第終了
TEL:076-208-4437
HP:https://omicho-oimoya.com/

Text:TAKAKO

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

(エディタ(Editor):dutyadmin)
    ------分隔线----------------------------
    コメント(comments)
    Please observe the policies and regulations of the Internet.

    コメント(comment):
    気持(Expression):
    コード(Code):change
    最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
    ランキング(Ranking)