今の位置(Current Position): ホームページ(HomePage) > メイク・コスメ >

マスクとバランスが悪い「NGアイメイク」4選 - ビューティーガール

時刻(time):2020-11-21 15:51源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
美容ライターの遠藤幸子です。長引くマスク生活の中で、メイクに悩んでいる人は多いのではないでしょうか。特にアイメイクは唯一露出するパーツなだけに、マスクとバランスをとる必要があり、悩みどころ。今回は、マスクとバランスが悪いNGアイメイクをご紹介します。 それ一昔前のアイメイクです!ダサ見えしちゃう「NGアイメイク」3選 ショートボブでもお団子で
美容ライターの遠藤幸子です。長引くマスク生活の中で、メイクに悩んでいる人は多いのではないでしょうか。特にアイメイクは唯一露出するパーツなだけに、マスクとバランスをとる必要があり、悩みどころ。今回は、マスクとバランスが悪いNGアイメイクをご紹介します。

今回使用するコスメ

写真左から
アイシャドウ:コスメデコルテ アイグロウ ジェム #BE387 2,700円(税抜)
アイライナー:マジョリカマジョルカ ジェルリキッドライナー #BR660 950円(税抜)
マスカラ:カロミー リアルロングマスカラ #ブラウン 1,500円(税抜)

正解メイクのhow to

まずは正解メイクのやり方をご紹介します。

NGメイク1:肌に溶け込みナチュラルすぎるアイシャドウ

マスクとコントラストがつきすぎるアイメイクはNGですが、肌に溶け込みすぎるアイメイクもすっぴんのような印象を与えるのでNGです。

アイホール全体に使用するアイシャドウは、肌なじみのいいベージュや淡いブラウンなどが自然な印象になり、おすすめです。

しかし、マットな質感のものはNG。パールやラメなどで印象づけられるものを選びましょう。

NGメイク2:目元をくすませるダークカラーのアイシャドウ

マスクとコントラストがつきすぎるアイメイクはNG、とすでにお話ししました。とはいえ、ビビットなカラーなら浮いてしまうし、ダークカラーは目元がくすんで見えてしまうのでNGです。

マスクとアイシャドウの相性を見極めるなら、アイメイクする際にあらかじめマスクをしておくのもおすすめです。そうすることで、アイシャドウの濃さもマスクとバランスをとりやすくなります。

NGメイク3:薄盛りすぎて締まらない!中途半端なアイライナーとマスカラ

マスクをしている時は、いつも以上に目元を引き締める必要があります。それにもかかわらず、いつも通り細いアイラインと控えめなまつ毛メイクをすると、目元を引き締める効果が弱まってしまうので、NGです。

引き締め効果のあるダークカラーのアイシャドウを使って引き締めるという方法ももちろん有効です。しかし、広範囲にダークカラーを使うと、目元がくすんで見えることがあるので注意しましょう。

理想は、アイライナーやマスカラで目元をしっかりと引き締めること。アイライナーはまつ毛の隙間を埋めるように入れるのはもちろんのこと、適度な太さでインパクトをつける必要があります。

そのためリキッドライナーで適度な太さを出しつつ、ワイド感を出すために目尻側をまぶたのカーブに沿って軽く跳ね上げるのがおすすめです。

アイライナーに限らずマスカラもですが、ブラウンやブラックなど自然な色を選ぶ方が理想的です。

マスカラは、引き締めようとするあまりボリュームを重視すると、目の印象を薄らいでしまうので、長さやセパレート効果を重視することが大切です。

NGメイク4:アンバランスで目が小さく見える極太アイライナー

目元を引き締めようとするあまりアイライナーに太さを出しすぎてしまうことがあります。しかし、そうすると、目が小さく見え、マスクとのバランスも悪くなってしまいNGです。

そのためリキッドライナーを使う時も二重幅の2分の1までにアイラインの太さは止めることがベストです。

いかがでしたでしょうか。今回は、マスクとバランスが悪いNGアイメイクをしました。

ぜひ参考にしていただき、この機会にマスクをつけた時のご自分のアイメイクを見直してみてください。

※記事内の商品価格は筆者購入時の価格です。

(エディタ(Editor):dutyadmin)
    ------分隔线----------------------------
    コメント(comments)
    Please observe the policies and regulations of the Internet.

    コメント(comment):
    気持(Expression):
    コード(Code):change
    最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
    ランキング(Ranking)