デビューして10年となる志尊 淳さん。チャーミングもハンサムも演じ分ける、美しき25歳の素顔とは?「beautygirl」3月号では、彼のルックスとマインド、その両面から紐解きます。

志尊 淳さんインタビュー! 眉毛、肌、目、身体…気になるパーツからその魅力に接近_1

志尊 淳
ときめきの理由

その美しさ、そのココロ。
気が付くと目が離せない――

頬づえをつく志尊淳さん

「パーツ」で紐解く、その魅力



眉毛
今まで眉毛は一度も手入れをしたことがありません。加賀まりこさんと共演した時に、突然「あなたの眉毛、すごく素敵だから絶対に整えちゃだめよ」と言われたことがあって。若い子は眉毛を整えすぎだと感じていらしたみたい。その言葉が今でもずっと頭に残っているので、これからも一生、プライベートで眉毛をいじることはないと思います。



「どこの皮膚科行ってるの?」とか「レーザーしてるの?」とすごく聞かれるけれど、肌のポテンシャルに関しては本当に親に感謝です。特別なことは何もしていません。ただ、キールズの広告に出させていただくようになって、僕に合ったスキンケアラインを教えてもらい使うようになりました。スポイトでシュッと出したり、粘土みたいなマットなクリームを塗ったり、4個も5個もつけているから、なんだか肌が強くなった気分(笑)。ニキビができた時は、メイクさんや共演者の方達が「これを塗ったほうがいいよ!」と教えてくれるので、周りのみなさんに甘えています。

腰掛ける志尊淳さん


自分の目を写真で見ると、「たぬきか?」って思うくらい垂れているので、ネガティブな思いを抱いていたこともあります。でも、一度自分の個性として受け入れてからは、見開いて強く見せたり、とろ~んとさせて優しい印象にしたり、目の表情を意識してスチール撮影をするようになりました。映画『さんかく窓の外側は夜』では幽霊が視える役を演じましたが、僕の場合、人が何を考えているかがすごく見えるタイプ(笑)。「この人、今話を聞いてないな」とか、「ウソついてるな」とか。家族でも末っ子だし、事務所の中でも一番後輩として育ってきたので、常に人の様子にアンテナを張っていたからだと思います。


身体
筋トレが嫌いなので、きちんとジムに通っている方を見るとすごいなと思います。自分の理想のために努力している人は本当に尊敬! 僕の場合、毎日体重計に乗ってベスト体重からオーバーした時は炭水化物を減らしてコントロール。仕事上、だらしないボディラインにならないように気をつけています。ただ、本音を言うと理想的な身体じゃなくても「素敵!」って思われたい(笑)。もし恋人から「腹筋が割れてる人が好きなの」と言われても、「よし、鍛えてバキバキにしよう」というメンタルは持ち合わせていません。逆に女性に「胸やお尻はこれくらいがいい」なんて指示することも絶対にしない。身体が好みだから人を好きになるということは、間違いなくないですから。

志尊 淳
JUN SHISON
1995年3月5日生まれ、東京都出身。2011年に俳優デビュー。その後、ドラマ『女子的生活』の演技が評価され、文化庁芸術祭賞テレビ・ドラマ部門で放送個人賞を受賞。2020年6月に新型コロナウイルスに対応する医療従事者へ向け、日本赤十字社と共同募金会へ1000万円の寄付を表明した。現在、主演する映画『さんかく窓の外側は夜』が公開中。

beautygirl 3月号
撮影/柴田フミコ ヘア&メイク/磯野亜加梨〈スタジオまむ〉 スタイリスト/斉藤くみ 取材・文/松山 梢 構成/木下理恵(beautygirl)

「beautygirl(マキア)」を無料で試し読みできます。4月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!