今の位置(Current Position): ホームページ(Homepage) > ライフスタイル >

夏のストレス「汗だくドライヤー」。いつもの2倍早く髪を乾かす8つコツ

時刻(time):2015-07-02 08:06源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
夏のストレス「汗だくドライヤー」。いつもの2倍早く髪を乾かす8つコツ 夏場のドライヤーはストレス。お風呂に入って綺麗になったのにドライヤーのせいで汗びっしょり。それを回避するためにいつもの2倍早く乾かせる方法をご紹介します。タオルドライからドライヤーまで、ほんの少し工夫すれば早く乾かせるんです。早く乾かせる8つのワザをご紹介します。 2373 vie

夏のストレス「汗だくドライヤー」。いつもの2倍早く髪を乾かす8つコツ

夏場のドライヤーはストレス。お風呂に入って綺麗になったのにドライヤーのせいで汗びっしょり。それを回避するためにいつもの2倍早く乾かせる方法をご紹介します。タオルドライからドライヤーまで、ほんの少し工夫すれば早く乾かせるんです。早く乾かせる8つのワザをご紹介します。

夏のストレス「汗だくドライヤー」。

出典: weheartit.com

夏場のドライヤーってとってもストレス。
せっかくお風呂に入ったのに汗だくになっちゃいますよね。

出典: weheartit.com

めんどくさいし、ストレスだけど乾かさないと髪に大きなダメージが!

いつもより2倍早く乾かすコツをご紹介します。

髪を乾かさないで寝ると髪が大変な事に!

濡れている状態は傷みやすい

出典: weheartit.com

濡れた髪はキューティクルが開いた状態。
そのまま寝たら髪が傷んでしまいます。

元々傷んだ髪にダメージを与えるとドンドン脆い髪になってしまうんです!

髪の毛の芯まで濡れている状態になるともろくなります。
これは傷んでいない髪の毛にも言えることで、傷んでいる髪の毛であれば髪の毛が脆い状態になっています。

出典: ladies-haircare.com

嫌な臭いの原因に!

出典: weheartit.com

濡れた頭皮は細菌が繁殖してしまうんです。
恐ろしい…

その菌がいやーな臭いを出してしまいます。
頭皮の臭い対策にもしっかり乾かす事は大切なんです。

頭皮や髪の毛を濡れたままにしておくと、頭皮の毛穴や表面の湿度が高くなり、細菌が増殖します。

出典: xn--n8j6dp80ksenmsuunpex0b.com

頭皮の血行が悪くなって健康な髪が生えてこなくなる

出典: weheartit.com

髪が濡れたままだと頭皮を冷やししまいます。
頭皮が冷えると血行が悪くなるので健康な髪が育ちにくくなってしまうんです!

頭皮の温度を下げるので、頭皮の温度が低くなれば血行が悪くなり、健康な髪が育たなくなるのだそうです。
だから、髪を乾かさないで寝ると、薄毛や抜け毛の原因になると言えるのですね。

出典: www.news-postseven.com

コツ1 お風呂場でギュッと水分を絞りましょう

出典: weheartit.com

タオルドライをする前にお風呂場で髪をギュッと絞りましょう。
ここで水分をとってもおくとタオルドライもドライヤーも早く乾かせるます!

コツ2 根元はマッサージするようにタオルドライを!

出典: www.kao.co.jp

まずは根元からタオルドライをしましょう!
円を描くようにクルクルタオルドライしましょう。

耳の後ろや首の近くは拭き忘れがち!
全体をしっかりタオルドライしましょう♡

頭にタオルをのせて、クルクルと円を描くように根元の水分を取ります

出典: www.kao.co.jp

コツ3 毛先はタオルで包むようにドライしましょう!

出典: www.hairmag.jp

濡れた髪はとっても傷みやすいので優しくタオルで拭きましょう。
ゴシゴシ拭くのはNG!

タオルで毛先を包むようにギュッと水分をオフしましょう。
その時、1回に包む髪の量を少なくすると、早く乾きますよ!

洗髪後の髪の毛を優しく包むようにして水分を吸収させます。
また毛先などの部分は、タオルで軽く挟み込み、上下を優しく抑えながら水分を抜き取るのです。

出典: xn--cckzbudsbyb0a6i3cs546eps3crwfi3q.com

コツ4 タオルは頻繁に変えましょう

1389887_1414570098872038_857924458_n

濡れたタオルで拭いても吸収が悪くなって全然乾きません。
なるべく、乾いたらタオルを使うようにこまめに交換しましょう。

バスタオル1枚より、小さなタオル2枚の方が早く乾きますよ◎

コツ5 目の粗いクシで梳かしましょう

11055408_866381433423561_147802938_n

ある程度乾いたら、クシで梳かしましょう。
根元なのに溜まった水分か毛先の方に流れてくるので、
梳かしたらまたタオルドライをしましょう♡

この繰り返しドライすることで、しっかり水分をオフしてドライヤーの時間を短く出来ます。

目の粗いクシで髪をとかします。
こうすると髪の水分が毛先にたまりやすくなるので、毛先にたまった水分をタオルドライで取り除いてください。クシ→タオルドライを2~3回繰り返します。

出典: josei-bigaku.jp

11258720_415562365297547_67109301_n

※注意※

クシは目の粗いものを使いましょう。
細かいクシだと髪にダメージが!

目の細かいクシで髪をとくのは要注意です。
目が細かければ細かいほど、髪のひっぱりや摩擦の原因になりますから。

出典: josei-bigaku.jp

コツ6 残った水分はキッチンペーパーでオフ!

11195880_704054843074573_186951033_n

タオルドライをしたら仕上げにキッチンペーパーで水分をオフしましょう!
キッチンペーパーはとっても水分を吸収してくれるので
残った水分もしっかり吸収してくれます。

このひと手間で乾かす時間が全然違うんです。


コツ7 洗面所以外で乾かす

出典: weheartit.com

いつもどこでドライヤーを使っていますか?
洗面所は実は髪を乾かす事に向いていないんです。

湿気が貯まりやすい洗面所では、髪が乾くのが遅くなってしまいます。
しっかり換気して湿気のないようにするか、違う部屋で乾かしましょう!

コツ8 タオルサンド方法で乾かす

出典: beauty-trivia.net

タオルサンドとは
頭にタオルを載せてその上から乾かす方法です。

水分をタオルが吸収して早く乾くんだとか!
さらに、直接熱風が当たらないのでダメージも低いんです。

いったんタオルに吸収させた水分をドライヤーで蒸発させるという原理で、ドライヤーの使用時間がいつもの半分程度まで短縮できるとのこと。

出典: clownshair.com

ドライヤーのストレス軽減しちゃいましょう♡

出典: weheartit.com

(エディタ(Editor):dutyadmin)
------分隔线----------------------------
コメント(comments)
Please observe the policies and regulations of the Internet.

コメント(comment):
気持(Expression):
コード(Code):change
最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
ランキング(Ranking)