今の位置(Current Position): ホームページ(Homepage) > ライフスタイル >

好きな色を、持ち歩きませんか?ブックカバーをつけたくない素敵な3冊

時刻(time):2016-12-05 08:27源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
好きな色を、持ち歩きませんか?ブックカバーをつけたくない素敵な3冊 あなたの好きな色な何色ですか?オレンジ?ピンク?それとも黒?どんな色であろうと、自分の好きな色を持ち歩くだけで、気分がウキウキしてきますよね♡この記事ではそんな素敵な色の表紙を持つ最高の3冊の小説をご紹介。読書家からのラブコールNo.1の角田光代、川上未映子、そして「植物図鑑

好きな色を、持ち歩きませんか?ブックカバーをつけたくない素敵な3冊

あなたの好きな色な何色ですか?オレンジ?ピンク?それとも黒?どんな色であろうと、自分の好きな色を持ち歩くだけで、気分がウキウキしてきますよね♡この記事ではそんな素敵な色の表紙を持つ最高の3冊の小説をご紹介。読書家からのラブコールNo.1の角田光代、川上未映子、そして「植物図鑑」などの実写映画化も話題の有川浩の3名です。

あなたの好きな色を教えてください。

早速ですが、質問です。
あなたの好きな色はなんですか?

誰かは元気が出るオレンジっていうかもしれない、
誰かやっぱり女の子らしいピンクっていうかもしれない、
そして誰かはシックなモスグリーン…。

あなたの好きな色を教えてください。

好きな色を、持ち歩こう。

好きな色がある人は、
どこかそれが自分のラッキーカラーのようになっていますよね?

あなたの好きな色を持ち歩きましょう?
きっと不思議なものであなたにエネルギーをくれるはず♡

ブックカバーをかけたくない、3冊。

「この本が、世界に存在することに」

この本が、世界に存在することに (ダ・ヴィンチ・ブックス)

商品

この本が、世界に存在することに (ダ・ヴィンチ・ブックス)

直木賞受賞作家、角田光代による短編集。

?size=l

誰もが知る直木賞作家・角田光代による、
「この本がなかったら」をテーマに短編小説で描いています。

澄み渡る空のような水色に、
一冊の本が宙に舞う表紙がとっても魅力的です。

小説家の彼女にとって、
本がどのような存在なのか知ることができる貴重な一冊です。

「憧れ」

あこがれ

商品

あこがれ

¥1,620

「乳と卵」で芥川賞を受賞した川上未映子の長編小説。

誰にでもある、誰かに憧れる気持ち。
この淡いピンクの表紙をひらけば、
その中には子供の頃の思い出や記憶が蘇ってくる空気感と文章が。

誰かと一緒にいることの幸せ、
そしてその相手への愛おしさがこみ上げてくる一冊です。

ストーリー・セラー

ストーリー・セラー (幻冬舎文庫)

商品

ストーリー・セラー (幻冬舎文庫)

¥583

「植物図鑑」が実写映画化されたことでも話題の有川浩の長編小説。

「植物図鑑」や「空飛ぶ広報室」など
続々と実写映画化される有川浩小説。
そんな魅力溢れる彼女の作品の中でも、
人気ナンバーワンと言っても過言ではないこの一冊。

病気の妻と向き合いながらも、
自分の仕事ととの間で葛藤する彼。
この高貴なロイヤルブルーの表紙も納得のまっすぐな純愛です。

「この一冊は私の自慢です♡」

この一冊はブックカバーなんてつけずに、
「この本、ほんっっっっとうに素敵なのよ」
そう自慢して回りたいくらいなんです。

(エディタ(Editor):dutyadmin)
------分隔线----------------------------
コメント(comments)
Please observe the policies and regulations of the Internet.

コメント(comment):
気持(Expression):
コード(Code):change
最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
ランキング(Ranking)