今の位置(Current Position): ホームページ(Homepage) > グルメ >

シャキシャキ、ツーンと香る「鶏肉と山葵菜のチャーハン」

時刻(time):2017-03-31 15:43源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
わさびに似たツンとした刺激が特徴の山葵菜。 フリル状の葉は柔らかいので、 サラダなど生食も美味しいけれど、 火を通せば薬味の役割も。 今回はチャーハンでその辛さと歯ざわりを楽しんで。 優しい刺激がくせになりそう! 材料(1人分) 鶏肉100g 山葵菜適量 ご飯250g サラダ油大さじ1 塩・コショウ適量 作り方 1)鶏肉は小さめの食べやすい大きさに切る。 2)山葵菜は
わさびに似たツンとした刺激が特徴の山葵菜。

フリル状の葉は柔らかいので、

サラダなど生食も美味しいけれど、

火を通せば薬味の役割も。

今回はチャーハンでその辛さと歯ざわりを楽しんで。

優しい刺激がくせになりそう!

材料(1人分)

鶏肉100g
山葵菜適量
ご飯250g
サラダ油大さじ1
塩・コショウ適量

作り方

1)鶏肉は小さめの食べやすい大きさに切る。
2)山葵菜は洗って水気を切り、葉は適当にちぎり、茎は1cmの長さに切る。
3)ご飯をレンジで温める。
4)フライパンに油を入れて熱し、まず1を炒めて色が変わったら3を入れ、粘りが出ないように切るように炒める。
5)火を止める少し前に山葵菜の茎を入れてざっくり混ぜ、塩コショウで味を調え、山葵菜の葉を入れ、しんなりしたら火を止める。

★パラりとしたご飯の炒め方のポイント
家庭のガスでは超強火で一気に炒めるのは無理。中火でじっくり丁寧にご飯を焼くように炒めること。まさに焼き飯です。

recipe / なすんじゃ photo / 小林禎弘

※記事の内容(本文・画像など)に関しては、許諾を得て掲載しております。
(エディタ(Editor):dutyadmin)
------分隔线----------------------------
コメント(comments)
Please observe the policies and regulations of the Internet.

コメント(comment):
気持(Expression):
コード(Code):change
最新のコメント(Latest Comments) もっと(More)>>
ランキング(Ranking)