生理を「遅らせる方法」はある? 産婦人科の先生が教えてくれた確実な方法、正しいピルの

時刻(time):2022-08-04 20:33源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
生理を遅らせる方法で確実なのは市販薬ではなく「ピル」 月経を遅らせたいとき、一般的なのは「ピル」を利用する方法。確実に遅らせたいなら中用量ピルまたは低用量ピルを使いますが、黄体ホルモン剤だけでも遅らせることは可能です。 喫煙者や肥満の人や片頭痛がある人はピルが飲めないので、病院では「ノアルテン」という黄体ホルモンの薬を代わりに処方しても

生理を遅らせる方法で確実なのは市販薬ではなく「ピル」

月経を遅らせたいとき、一般的なのは「ピル」を利用する方法。確実に遅らせたいなら中用量ピルまたは低用量ピルを使いますが、黄体ホルモン剤だけでも遅らせることは可能です。

喫煙者や肥満の人や片頭痛がある人はピルが飲めないので、病院では「ノアルテン」という黄体ホルモンの薬を代わりに処方してもらうことができます。


生理を遅らせるピル以外の方法……市販薬・漢方・ツボなどで遅らせる効果は?

ピル以外の市販薬などで生理を遅らせることができるといった俗説もあるようですが、今のところ、ピルや黄体ホルモン剤以外の市販薬で生理を遅らせることはできません。

同様に、生理を遅らせる効果が明らかになっている食べ物や漢方、ツボといったものもありません。「イメトレやおまじないで生理を遅らせることができた」といった体験談もあるようですが、もちろん医学的にはありえないことです。

これらは身近な人の実体験として聞いたとしても、たまたま遅れただけと考えるべきでしょう。


生理を遅らせることができるピルの種類・費用の目安

中用量でも低用量でも生理を遅らせることは可能です。ホルモン量が多いほど、より確実ですが、副作用のリスクも高くなります。逆に血栓症をはじめとする副作用は、ホルモン量が少ないほど低くなります。移動したい月経までの日程に余裕があるかどうかなどを考えて、どの種類がよいかを選択します。

生理を遅らせることができる中用量ピルは「プラノバール」。低用量ピルの種類としては「トリキュラー」「アンジュ」「ラベルフィーユ」「マーベロン」「ファボワール」「ルナベルLD」「フリウェルLD」があります。

続けて飲むことを考えると料金が気になるかもしれませんが、ピルの料金の目安は以下の通りです。

・プラノバール: 3000~5000円(病院によって設定が異なる)

・トリキュラー・アンジュ・ラベルフィーユ・マーベロン・ファボワール:1シートの相場は2000~3000円(病院によって設定が異なる)

・ルナベルLD:治療の目的で使う場合は1シート1700円くらい(自費だとその3倍)

・フリウェルLD:治療の目的で使う場合は1シート1100円くらい(自費だとその3倍)

現在では通販でのピル購入や個人輸入でピルを入手することも可能ではあり、実際に利用されている方も少なからずいるようですが、全て自己責任になるためリスクがあると考えた方がよいでしょう。

特に、服用のタイミングで「ピル服用の禁忌」に自分が当てはまっているかどうかの判断ができない点は危険。飲んではいけない状態で服用してしまい、重篤な副作用を引き起こす可能性もあります。

また、そもそも必要なタイミングできちんと届くかどうか、届いた薬剤が本物かどうかなど薬剤そのものの安全性についても全く分からないので、危険は常にあると考えた方が賢明です。

生理を遅らせたいときに失敗しない正しいピルの飲み方

月経予定日の1週間前から飲み始めて、月経が来てもよい日の1~2日前まで1日1錠を一定の時間に服用します。(例:月経予定日が9月8日で月経を避けたい期間が9月7日~11日の場合、9月1日~10日まで服用)

失敗の確率が何%というデータはありませんが、薬を飲み始めるタイミングが月経予定日の1~2日前などギリギリの場合は遅らせきれず失敗してしまうこともあります。月経予定日の7日以上前から飲み始めればほぼ確実に移動できます。

受験や修学旅行などに重ならないよう、小学生や中学生でも生理を遅らせたい場合があるかもしれません。若年者でも初経を迎えていればピルの服用は可能ですし、何度か、または連続で服用しても害はありません。

今はフレックス服用と言って、ピルを連続服用して年間の月経回数を3~4回に減らすこともできます。継続的にピルを飲んでいれば都合のよい時に月経を来させることができるので便利です。

ピルを飲んだときの副作用として多いのは、吐き気・嘔吐・頭痛・むくみなどのマイナートラブルですが、ピンポイントで中用量ピルを使うより、日頃から超低用量ピルを使っていた方が負担は少なくて済みます。月経に振り回されるのではなく、ピルを上手に使って賢く自分の人生をコントロールしましょう。

質問:ピルなどの薬を飲まずに生理を遅らせる方法はありますか

回答:ありません。ピル又は黄体ホルモン剤を服用することで人工的に出血の時期をコントロールできます。ピル以外の市販薬などで生理を遅らせることができるといったものは俗説で、生理を遅らせる食べ物や漢方薬などもありません。

質問:自力で生理を遅らせることは可能ですか

回答:できません。イメトレやおまじないで生理を遅らせることができたといった体験談も、医学的にはありえないことです。身近な人の実体験として聞いたとしても、たまたま遅れただけと考えるべきでしょう。

質問:生理の周期を長くする方法はありますか

回答:病的な原因を除いてはありません。

質問:生理周期を遅らせて避妊をすることはできますか?

回答:ピルを前の月経の初日から服用開始して月経を遅らせた場合、避妊の効果も兼ねることが可能です。

質問:生理を遅らせたいという理由で、病院やクリニックを受診し医師の診察を受けてもよいですか?

回答:もちろん問題ありません。医師による診察後にピル又は黄体ホルモン剤などを処方することができますので、生理を正しい方法で遅らせたい場合は、病院やクリニックを受診してください。

清水 なほみプロフィール

女性医療ネットワーク発起人・NPO法人ティーンズサポート理事長。日本産婦人科学会専門医で、現在はポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長。女性医療の先駆者の下、最先端の性差医療を学び、「全ての女性に美と健康を!」をコンセプトに現場診療にあたる。ネット・雑誌・書籍等の媒体を通し幅広く健康啓発を行っている。


執筆者:清水 なほみ(産婦人科医)
(エディタ(Editor):dutyadmin)
    顶一下
    (0)
    0%
    踩一下
    (0)
    0%
    ------分隔线----------------------------
    コメント(comments)
    Please observe the policies and regulations of the Internet.

    コメント(comment):
    気持(Expression):
    ユーザ:パスワード:
    認証コード:点击我更换图片

    最新コメント コメント詳細画面へ>>
    ランキング(Ranking)