今の位置(Current Position): ホームページ(HomePage) > ライフスタイル >

犬が“ねこじゃらし”で子猫のお相手!? 猫うにちゃんと、多種多様な先輩たち « ビューティ

時刻(time):2022-11-23 15:03源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
【 今日のにゃんこタイム~○○さん家の猫がかわいすぎる Vol.86】 アフリカヤマネのちまきくん、そして犬のこめたくんと賑やかな生活を送っているのは、プラチナベンガルのうにちゃん。 うにちゃんは、多種族が快適に暮らせるように工夫を凝らすchimaki0328( @chimaki0328 )さん宅で自由気ままなニャン生を楽しんでいます。 【画像をすべて見る】⇒ 画像をタップすると次
今日のにゃんこタイム~○○さん家の猫がかわいすぎる Vol.86】

 アフリカヤマネのちまきくん、そして犬のこめたくんと賑やかな生活を送っているのは、プラチナベンガルのうにちゃん。

うにちゃん
 うにちゃんは、多種族が快適に暮らせるように工夫を凝らすchimaki0328(@chimaki0328)さん宅で自由気ままなニャン生を楽しんでいます。

【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます








シルバーベンガルの子猫を迎え入れ。先住犬の反応は?


 ある日、飼い主さん夫婦はペットショップでシルバーベンガルの美しさに一目惚れ。後日、ベンガル猫専門ブリーダーのもとへ向かいました。

「面会だけのつもりでしたが、うにちゃんに会ったらかわいすぎて。お迎えせずにいられませんでした」

子猫時代のうにちゃん

子猫時代のうにちゃん

 当時、うにちゃんは生後2ヶ月ほど。お迎えしてすぐに飼い主さんのお腹の上で寝たり、こめたくんにも接近したりと、物おじしない性格でした。

 しかし、一方のこめたくんは、突然おうちにやってきた新参者を警戒。吠えたり唸ったりしたため、飼い主さんはサークルで生活スペースを区切ることにしました。一緒に過ごしながら、うにちゃんが人や環境に慣れることができ、さらにこめたくんが疎外感を覚えないように配慮しました。


「1日に何回もサークルを往復することになり、とても疲れました(笑)犬は一緒にお散歩に行くと仲間として認識しやすいと聞いたので、うにちゃんが病院に行く時にはこめたも連れていきました。こめたは自分が病院に連れて行かれると思っていたので、ちょっと可哀想でしたが(笑)」





徐々に距離を縮めた猫のうにと犬のこめた


 また、サークル越しに面会させる時にはこめたくんにおやつをあげ、うにちゃんがいるといいことが起きると思ってもらえるように工夫を凝らしました。

サークル越しのこめたくんとうにちゃん
 すると、こめたくんが少し落ち着いてくれたため、慎重に直接対面させることに。

対面するこめたくんとうにちゃん
「最初、こめたは接し方が分からず、戸惑っていましたが、うにちゃんがどんどん絡んだので、すぐにふたりで遊ぶようになりました」











猫じゃらしで遊んであげることも。兄妹のように仲良しに!


 仲良くなってから、こめたくんは猫じゃらしを使って、うにちゃんをじゃらしたことも。

遊んであげているこめたくん
「こめたはただ、猫じゃらしで遊びたかっただけなのですが、うにちゃんがそれを追いかけるので、結果的にこめたが猫じゃらしで遊んであげているように見えて、とてもかわいかったです」

 そして、飼い主さんはこめたくんをペットホテルに預けた際、ご飯を食べなくなってしまったうにちゃんを見て、2匹の間にある絆の深さを痛感しました。

仲睦まじい様子
「最初は具合でも悪いのかと心配したのですが、こめたが帰ってきたら、パクパクご飯を食べ始めました。よほど寂しかったんでしょうね」

 現在、2匹は兄妹のような関係性。互いにちょっかいを出し合い、友情を深めています。






うにちゃんの日課は、アフリカヤマネのちまきくん観察


「こめたは遊び仲間として、うにちゃんのことが大好き。うにちゃんは遊びの勧誘がしつこくて、たまにゲンナリしている時もありますが、自分から遊びを仕掛けたり毛づくろいをしてあげたりと、なんだかんだこめたのことが大好きなようです」

相思相愛の2匹
 なお、アフリカヤマネのちまきくんは日頃ケージで過ごしているため、うにちゃんと直接の交流はありません。しかし、ケージ越しでちまきくんの様子を観察するのがうにちゃんにとっては日課となっています。

アフリカヤマネのちまきくん

アフリカヤマネのちまきくん


ケージは2重なので、うにちゃんの手が当たることはない

ケージは2重なので、うにちゃんの手が当たることはない

「うにちゃんは、ちまきが活動を始めてゴソゴソと音が鳴り出すと覗きに行きます。ちまきがご飯の時は檻を使って、うにちゃんを隔離しますが、天然なうにちゃんは、ちまきを見にきたはずなのに檻に入ります(笑)」












こめたのケージで水を飲む…変わったこだわり満載


 天然なうにちゃんには、他にも飼い主さんしか知らない「かわいいポイント」がたくさん。

朝方のデレタイム
 例えば、朝方のデレタイム。うにちゃんは撫でててもらうことをねだったり、喉を鳴らしたりすることが少ない子ですが、毎朝決まった時間にベッドへ登ってきては喉を鳴らし、甘えてくれます。

「猫ちゃんは人間の家族と接する際、態度の違いが出やすいと聞きますが、うにちゃんは甘える時、必ず私と夫の両方にスリスリしてくれます」

 そんなうにちゃんには、変わったこだわりが。

「実はうにちゃん用で別にお水を用意してあるのに、わざわざ、こめたのケージに行って水を飲むことがほとんど。幼い頃、こめたがそこで水を飲むのを見ていたからなのでしょうか」

こめたくんのケージにて
 また、排泄時もツッコミどころ満載。

「上から入るタイプのトイレなのですが、トレーの淵に便が乗っていることが多々あります。どのような態勢でしたら乗るのか、いくら考えても分からない。見つけると笑ってしまいます」






悩みながら辿り着いた「多種族が快適に暮らせる環境」


 多種多様な生き物と暮らす、飼い主さん。お迎えする前には、それぞれの特徴や性質を調べ尽くしていましたが、実際に暮らしてみると共生は想像以上に大変で、みなが快適に暮らせる環境作りに悩んだこともありました。

くつろぎの様子
「我が家の場合、ヤマネの安全確保や室温管理、猫が犬から逃げられるようなインテリア作り、猫が高所の雑貨を落とした際に犬が食べないようにする対策、逆に犬が壊したものを猫が食べないようにする対策などに悩みました」

 それぞれの意思を持った生き物が共同スペースで過ごせば、喧嘩やイタズラが起きるのは自然な現象です。自分たちの役目は、異なる本能やルールを擦り合わせること……。そう思い、飼い主さんはみんなが「家族」になれるように奮闘したのです。

一緒に寝転がる2匹
「実はうにちゃんをお迎えした後、こめたとうにちゃんの関係に悩み、鬱となり体調を崩しました。ですが、家族になってしまえば怖いものなし。挫けず諦めなければ、きっと家族になれると私は思います」

 これからも大変なことがあるだろうけれど、私たちは家族。どんなことがあっても一生一緒に暮らしていく――。そう語る飼い主さんの言葉に触れると、改めて命を迎えることの重みを考えたくなります。

 生態も個性も異なる3匹は、これからも飼い主さん宅で、“大切な家族の一員”として愛されていきます。

【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます

<取材・文/愛玩動物飼養管理士・古川諭香>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
古川諭香
愛玩動物飼養管理士・キャットケアスペシャリスト。3匹の愛猫と生活中の猫バカライター。共著『バズにゃん』、Twitter:@yunc24291




(エディタ(Editor):dutyadmin)
    顶一下
    (0)
    0%
    踩一下
    (0)
    0%
    ------分隔线----------------------------
    コメント(comments)
    Please observe the policies and regulations of the Internet.

    コメント(comment):
    気持(Expression):
    ユーザ:パスワード:
    認証コード:点击我更换图片

    最新コメント コメント詳細画面へ>>
    ランキング(Ranking)