お尻の筋肉「大臀筋」を鍛える自重筋トレメニュー6選 - ビューティーガール

時刻(time):2022-11-24 19:32源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
今回は臀筋群を鍛えるメリットとトレーニングメニュー、効果的な鍛え方を解説します。 大臀筋、大腿四頭筋、ハムストリングス、下腿三頭筋はどこを指す?筋トレ初心者向け「下半身」の筋肉解説 筋トレの効果を引き出す「トレーニングの3原理&5原則」とは お尻の筋肉「臀筋群」とは お尻の筋肉は「臀筋群(でんきんぐん)」と言い、いくつもの筋肉で構成されていま

今回は臀筋群を鍛えるメリットとトレーニングメニュー、効果的な鍛え方を解説します。

お尻の筋肉「臀筋群」とは

お尻の筋肉は「臀筋群(でんきんぐん)」と言い、いくつもの筋肉で構成されています。

もっとも表面にある大きい筋肉が「大臀筋(だいでんきん)」、深部にある「中臀筋(ちゅうでんきん)」や「小臀筋(しょうでんきん)」、そして股関節の動きをコントロールする「梨状筋(りじょうきん)」などが代表的な筋肉です。

MELOS

鍛えたい筋肉ごとにエクササイズは異なります。引き締まったお尻を目指すなら、どこの筋肉を刺激しているか意識しながら、トレーニングを行いましょう。


臀筋群を鍛えるメリット

姿勢をよくし、脚を長く見せる

お尻は「抗重力筋」のひとつ。抗重力筋とは、立っている時に重力に負けないよう対抗して働く筋肉です。その抗重力筋が弱ると、姿勢が重力に負けて崩れることになります。

たとえば、猫背で姿勢の悪い人は、頭が前に出て、バランスを取るために腹部とお尻を前に出しがちです。その姿勢ではお尻の筋肉が垂れ、脚が短く見えてしまうのです。

脚の長い人は姿勢がいい理由は、ここにあります。

基礎代謝の向上

カラダ全体で見ても、大きい筋肉は下半身に集中しています。

お尻の筋肉「大臀筋」はもちろんのこと、太ももの前の筋肉「大腿四頭筋」や、ふくらはぎの筋肉「下腿三頭筋」、太ももの内側にある「内転筋」、太ももの裏の筋肉群「ハムストリングス」なども大きい筋肉です。

MELOS

大きい筋肉が多いということは、トレーニングによって消費されるエネルギーも多いということ。

また、トレーニングによって筋肉量が増えれば基礎代謝も高まり、太りにくく痩せやすいカラダになることができるでしょう。結果、ダイエットを効率よく進めることもできます。

関連記事:筋トレ初心者向け「下半身」の筋肉解説│大臀筋、大腿四頭筋、ハムストリングス、下腿三頭筋はどこを指す?

スポーツパフォーマンスの向上

多くのスポーツ競技で、ジャンプ力は成績を左右する重要な能力のひとつです。そのため、「もっと高く跳べるようになりたい」と思っているアスリートは多いでしょう。

しかし、いったいどうすればジャンプ力を鍛えられるのか。それは「お尻の筋肉の強化」です。

高く跳ぶためには膝の曲げ伸ばしの力よりも、股関節の曲げ伸ばしの力を使った方がはるかに強い力を発揮でき、高く跳ぶことができます。

お尻の筋肉である「大臀筋」は股関節を伸ばす働きを持ち、大きな力を発揮できる筋肉なのです。

坐骨神経痛の症状を抑える

また、坐骨神経痛の症状にも、お尻の筋肉が関係しています。お尻の奥にある梨状筋(りじょうきん)という筋肉が固まると、そのすぐ下を通っている坐骨神経を圧迫します。

MELOS

すると、お尻・太もも・ふくらはぎ・足先のいずれか、もしくは複数や脚全体に、痺れや痛み、張りといったような症状が出ることになるのです。特に、長時間座っている人や運動不足の人は注意が必要です。

このように、お尻の筋肉は見た目のプロポーションに関わるだけでなく、健康にも関係する筋肉です。


臀筋群を鍛える筋トレメニュー

ヒップリフト 仰向けに寝て、膝を90度に立てる 肩・腰・膝が一直線になるように、床から腰を持ち上げる お尻を締めるように意識し、姿勢をキープする
MELOS
MELOS
MELOS

ヒップリフトは、おもに大臀筋を鍛えるエクササイズです。ただ動作をするのではなく、カラダが一直線になったところで、グッとお尻に力を入れるように意識するとよいでしょう。

MELOS

床についた足のつま先を上げカカトだけで動作を行うと、よりお尻を意識しやすくなります。

ヒップスラスト イスに背中を軽くもたれさせる。膝を曲げ、足は腰幅に開く
肩・腰・膝が一直線になるようにお尻を持ち上げる
ゆっくり元の姿勢に戻る
MELOS
MELOS

ヒップスラストも、おもに大臀筋を刺激するエクササイズです。動作はヒップリフトと似ていますが、こちらは重りを使用することで強度が高まります。

ダンベルやペットボトル、本などを太ももの上に乗せて行うと、負荷が高められるでしょう。

MELOS

動作中は、腰を反らさないように注意しましょう。お尻への負荷が少なくなるだけでなく、腰を痛める原因にもなります。

お尻を上げるときは、正面を見るようにあごを引くと、腰の反りを防ぐことができます。ヒップリフトと同様、お尻を持ち上げた時にギュッと締めるように意識してください。

MELOS

トレーニングベンチ インクラインベンチ ダンベル ベンチ 組立超簡単 角度調節可能 折り畳み式 収納便利 フラットベンチ マルチシットアップベンチ 腹筋 背筋 シットアップ 耐荷重227KG 筋トレ 家庭用 日本語説明書【メーカー保証:1年間】 created by Rinker GOGOJUMP Amazon 楽天市場 Yahooショッピング

ブルガリアンスクワット 脚を前後に開き、後ろ足をイスの上などに乗せる 前側のお尻に負荷がかかるように意識しながら、股関節と膝を曲げていく 前膝が90度になるくらいを目安にカラダを下ろしたら、元の姿勢へ
MELOS

ブルガリアンスクワットは、大臀筋と中臀筋を刺激するエクササイズです。

脚の開き具合が少なく、カラダを下ろしたときに膝がつま先よりも前に出るようであれば、前足を一歩ほど前に出して脚を大きく開くようにすると、お尻を意識しやすくなります。

動作中は後ろ足にほとんど力を入れず、前足、とくに股関節まわりだけでバランスをとりながら動作を行うように意識しましょう。

MELOS
サイドレッグサークル 横向きになり、下に来る手は頭の横につけ、上にくる手は胸の前で地面を押すように支える 上にくる足で大きく円を描きながら足を回す この動作を両足で行う
MELOS
MELOS

横向きの姿勢で足を回し、お尻の筋肉を鍛えていきます。できるだけ大きくダイナミックに回すのが、効果を高めるポイントです。

MELOS
サイドウォーク 肩幅よりも少し足を開いて立つ 背筋を伸ばしてお尻を突き出す 膝を軽く曲げながら、横歩きで左右に移動する
MELOS
MELOS

サイドウォークは臀筋群全体を刺激します。上半身の姿勢が崩れたり膝や股関節がまっすぐに伸びてしまうと、お尻への負荷が掛かりません。

姿勢を変えず、ただ横に動くということを意識して行いましょう。

MELOS

何も使わず行うことも可能ですが、チューブを使うことでよりお尻へ刺激が入りやすくなります。チューブを持っているようであれば、丸く結んだチューブの中に両足を入れ、足を踏み出したときに負荷がかかるよう使ってください。

ファイヤーハイドランド 四つんばいの姿勢になる。つま先は地面につけておく 角度を変えないよう、片ひざを真横に持ち上げていく 元の姿勢に戻る
MELOS
MELOS

ファイヤーハイドランドは、おもに中臀筋を鍛えるエクササイズになります。脚を上げたとき、カラダが捻じれて左右の肩の高さが変わってしまわないようにしましょう。

脚を高く上げる意識よりも、姿勢を崩さず股関節だけを真横に動かすような意識で行ってください。つま先の向きも変えないように注意します。

MELOS

効率よく鍛えるポイント

トレーニングメニューを変える

ひとつの部位を鍛えるのに、同じ筋トレばかりしていては、刺激に慣れて効果が低下します。

楽にできるようになってきたら、トレーニングの原理原則に基づき、筋肉への負荷を高めてみましょう。そうすることで筋肉をより成長させることができます。

日常生活以上の負荷をカラダに与えなければ、トレーニングの効果は現れません。これを「過負荷の原理(オーバーロード)」といいます。また、トレーニングをしていてもいつも同じ負荷では、カラダが刺激になれてしまうため効果が現れにくくなります。カラダに変化を出すためには、つねに負荷を高めていくことが必要です。

筋トレ効果を引き出す「トレーニングの3原理&5原則」とは より

“トレーニングの種類を変えてみる”というやり方も効果的です。

トレーニングバンドなどで負荷を高める

トレーニングバンドやウエイトリスト、メニューによってはダンベルといった重りを装着して動作を行うと、負荷を高めることができます。

MELOS

PROIRON ヒップバンド 美尻バンドトレーニング 特製ゴムバンド付き 強度別3本セット フィットネスバンド エクササイズバンド ヒップ 太もも ダイエット 強い耐久性 収納袋付き 両面ライナー布ノンスリップ 美尻 美脚 桃尻改造 筋トレ 日本語取扱説明書付き created by Rinker PROIRON Amazon 楽天市場 Yahooショッピング YAKIDA アンクルウェイト リストウエイト 手首 足首 重り 在宅筋トレ ウオーキング ダイエット ウェイト 体幹トレーニング パワーアンクル リストバンド 男女兼用0.5kg 1kg 1.5kg2kg 2.5kg 3kg×2個セット created by Rinker YAKIDA Amazon 楽天市場 Yahooショッピング 動作をゆっくり行う

動作スピードによっても負荷を変えることが可能です。ゆっくり動作を行う「スロートレーニング」は、3~5秒程度かけてカラダを動かし、3~5秒かけて元に戻るやり方です。

 筋肉や関節などに対するケガのリスクが低くなる、筋肉を太くする効果が高いというメリットもあります。自重トレーニングで負荷が低いと感じる人は積極的に取り入れましょう。

今回のトレーニング動画をおさらい

[筆者プロフィール]
和田拓巳(わだ・たくみ)
プロスポーツトレーナー歴16年。プロアスリートやアーティスト、オリンピック候補選手などのトレーニング指導やコンディショニング管理を担当。治療院での治療サポートの経験もあり、ケガの知識も豊富でリハビリ指導も行っている。医療系・スポーツ系専門学校での講師のほか、健康・スポーツ・トレーニングに関する講演会・講習会の講師を務めること多数。テレビや雑誌においても出演・トレーニング監修を行う。現在、さまざまなメディアで多くの執筆・監修を行い、健康・フィットネスに関する情報を発信している。日本トレーニング指導者協会(JATI-ATI)の認定トレーニング指導者
公式HP/公式Facebook

<Text:和田拓巳/Photo:Getty Images>

(エディタ(Editor):dutyadmin)
    顶一下
    (0)
    0%
    踩一下
    (0)
    0%
    ------分隔线----------------------------
    コメント(comments)
    Please observe the policies and regulations of the Internet.

    コメント(comment):
    気持(Expression):
    ユーザ:パスワード:
    認証コード:点击我更换图片

    最新コメント コメント詳細画面へ>>
    ランキング(Ranking)