今の位置(Current Position): ホームページ(HomePage) > 旅行・おでかけ >

スヌーピーミュージアムの企画展「きみの大好物はなに?」開催中! 愉快な展示にフォトス

時刻(time):2023-01-20 21:03源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
スヌーピーミュージアムで、2023年1月14日(土)~7月9日(日)開催の企画展「きみの大好物はなに?」について紹介します。 【1】「きみの大好物はなに?」はどんな企画展? 1年に2つの企画展を開催するスヌーピーミュージアム。2023年前期のテーマは“食”です。 食べることをテーマにしたエピソードが大集合 企画展会場内にて。スヌーピーと、アメリカのシュルツ美術

スヌーピーミュージアムで、2023年1月14日(土)~7月9日(日)開催の企画展「きみの大好物はなに?」について紹介します。

【1】「きみの大好物はなに?」はどんな企画展?

1年に2つの企画展を開催するスヌーピーミュージアム。2023年前期のテーマは“食”です。

食べることをテーマにしたエピソードが大集合
企画展会場内にて。スヌーピーと、アメリカのシュルツ美術館トラベリングエキシビションマネージャーのナターシャ・コクラン氏、スヌーピーミュージアムのクリエイティブ・ディレクターの草刈大介氏
企画展会場内にて。スヌーピーと、アメリカのシュルツ美術館トラベリングエキシビションマネージャーのナターシャ・コクラン氏、スヌーピーミュージアムのクリエイティブ・ディレクターの草刈大介氏


『ピーナッツ』には、スヌーピーやチャーリー・ブラウンたちの、食べものに関する話がよく登場します。そんなエピソードを、朝・昼・晩のごはんと、苦手なもの、そして大好物という5つのテーマに分けて紹介。約40点の貴重な原画とフォトスポットなどが楽しめます。

展示に、テーブルクロスやナプキンなど、食卓のアイテムなどが使われているのも注目ポイントです。

企画展の会期とミュージアムデータ
ミュージアムの外にも、今回の企画展のビジュアルが
ミュージアムの外にも、今回の企画展のビジュアルが


●スヌーピーミュージアム企画展「きみの大好物はなに?」 ~Food in PEANUTS~
会期:2023年1月14日(土)~7月9日(日)
休み:会期中は2023年2月21日(火)のみ
時間:10時~18時(最終入館は17時30分)
入館料:【当日券】一般2000円、中学・高校生1000円、4歳~小学生600円【前売券】一般1800円、中学・高校生800円、4歳~小学生400円 ※3歳以下は無料。日時指定制。企画展と常設展を観賞可能

●スヌーピーミュージアム
住所:東京都町田市鶴間3-1-4
交通:東急田園都市線南町田グランベリーパーク駅から徒歩4分

【2】企画展は5つのテーマとフォトスポットで構成

では、5つのテーマ、それぞれの見どころを、ナターシャ・コクラン氏おすすめの展示ベスト3などを含めながら少しだけ紹介します。

1章 あさごはんは1日のはじまり

テーマは“あさごはん=Breakfast”です。トーストやシリアル、パンケーキといった朝食のエピソードが並びます。同時に、作者のチャールズ・シュルツ氏の食事の様子なども展示されています。

会場に入ると、まず目に飛び込んでくるのが、スヌーピーがドーナツを食べている様子と、この企画展についての解説です
会場に入ると、まず目に飛び込んでくるのが、スヌーピーがドーナツを食べている様子と、この企画展についての解説です


トーストとトースターとスヌーピー。そんなフォトスポットもあります。奥には「小鳥に失礼です」などのトーストのお話が
トーストとトースターとスヌーピー。そんなフォトスポットもあります。奥には「小鳥に失礼です」などのトーストのお話が


パンケーキの「どしゃ降りの、あさごはん」や「シリアルは、ぼくらの味方」などのエピソードが見られます
パンケーキの「どしゃ降りの、あさごはん」や「シリアルは、ぼくらの味方」などのエピソードが見られます



2章 ひるごはん、みんなでたべるともっとおいしい

テーマは“ひるごはん=“Lunch”です。みんなでランチを食べるエピソードがいろいろ。そこには、とっても愉快な話があります。

チャーリー・ブラウンとスヌーピーのタペストリーも
チャーリー・ブラウンとスヌーピーのタペストリーも


スイカを丸ごとお弁当に……「豪快なランチタイム」です
スイカを丸ごとお弁当に……「豪快なランチタイム」です


ナターシャ・コクラン氏おすすめの展示は「ひとのランチボックスを笑うな」。ランチの楽しさがあふれています
ナターシャ・コクラン氏おすすめの展示は「ひとのランチボックスを笑うな」。ランチの楽しさがあふれています


少し先に行くと、その原画と似ているフォトスポットもありますよ
少し先に行くと、その原画と似ているフォトスポットもありますよ



3章 晩ごはんはスヌーピーの生きがい

テーマは“晩ごはん=Supper”です。スヌーピーの夕食エピソードがメインで描かれています。

そう、晩ごはんにかけるスヌーピーの様子がなんともかわいいんです
そう、晩ごはんにかけるスヌーピーの様子がなんともかわいいんです


「晩ごはんは犬の大事なしごと」など、どのエピソードもクスッと笑ってしまいます
「晩ごはんは犬の大事なしごと」など、どのエピソードもクスッと笑ってしまいます



4章 苦手なものは、ココナッツ

ココのテーマは“苦手なもの=Coconut”。もう、ココナッツばかり登場するんです。チャーリー・ブラウンはココナッツが苦手なのですが、この設定、実は作者のチャールズ・シュルツ氏が大のココナッツ嫌いだったところからきているそうです。

チャーリー・ブラウンのほかにも、スヌーピーのきょうだいのオラフもココナッツ嫌い。ココナッツが好きなピーナッツ・ギャングは皆無とのこと。やはり、みんなチャールズ・シュルツ氏の分身なんですね
チャーリー・ブラウンのほかにも、スヌーピーのきょうだいのオラフもココナッツ嫌い。ココナッツが好きなピーナッツ・ギャングは皆無とのこと。やはり、みんなチャールズ・シュルツ氏の分身なんですね


ココナッツのエピソードでは「YAAGH!」「AAK!」といった声がよく出てきます
ココナッツのエピソードでは「YAAGH!」「AAK!」といった声がよく出てきます


ナターシャ・コクラン氏も、このテーマの原画をおすすめ。チャールズ・シュルツ氏のエピソードも話してくれました
ナターシャ・コクラン氏も、このテーマの原画をおすすめ。チャールズ・シュルツ氏のエピソードも話してくれました


チャールズ・シュルツ氏の食事の話がナプキンに書かれています。会場内、何カ所かにありますよ
チャールズ・シュルツ氏の食事の話がナプキンに書かれています。会場内、何カ所かにありますよ



5章 いつだって、大好物

最後のテーマは“大好物=Favorite things”です。スヌーピーたちが大好きなものは、そのままシュルツ氏の好物だったのでしょう。好きなものが描かれているだけあって、とっても楽しいストーリーです。

まずは、チョコチップ・クッキーが大好きなスヌーピーの話
まずは、チョコチップ・クッキーが大好きなスヌーピーの話


ナターシャ・コクラン氏はチョコチップ・クッキーをミルクにつけて食べる習慣のことなどを紹介してくれました
ナターシャ・コクラン氏はチョコチップ・クッキーをミルクにつけて食べる習慣のことなどを紹介してくれました


そしてドーナツ。「小鳥とドーナツのおやつ時間」など幸せそうな原画がいっぱいです
そしてドーナツ。「小鳥とドーナツのおやつ時間」など幸せそうな原画がいっぱいです


「真夜中のマシュマロ」……タイトルだけで魅惑的な響き
「真夜中のマシュマロ」……タイトルだけで魅惑的な響き


アイスクリームについてのエピソードも多いですね
アイスクリームについてのエピソードも多いですね



フォトスポット スヌーピーになった気分で

最後の部屋にはスヌーピーのお家などをモチーフにしたフォトスポットがあります。

自分がスヌーピーたちになった気分でどうぞ
自分がスヌーピーたちになった気分でどうぞ


スヌーピーのお家は中に入ることもできます
スヌーピーのお家は中に入ることもできます


こちらでは、ドーナツやチョコチップ・クッキー、ビールなどを手に持って記念撮影
こちらでは、ドーナツやチョコチップ・クッキー、ビールなどを手に持って記念撮影



【3】企画展にあわせて新しいグッズやメニューが登場

この企画展にあわせて、館内のミュージアムショップではオリジナルグッズを販売。隣接のカフェには関連メニューが登場しています。

ミュージアムショップ「BROWN'S STORE」
ショップ内のデコレーション。スヌーピーたちのキュートなグッズが目白押しです
ショップ内のデコレーション。スヌーピーたちのキュートなグッズが目白押しです


スヌーピーミュージアムの1階にあるミュージアムショップでは、企画展にあわせた新商品を販売しています。おすすめを紹介しましょう。

ピーナッツ・ギャングの切り絵のティータグ付きの紅茶1袋1296円
ピーナッツ・ギャングの切り絵のティータグ付きの紅茶1袋1296円


豆皿2枚セットで2420円。スヌーピーとチャーリー・ブラウンのデザインがいいですね
豆皿2枚セットで2420円。スヌーピーとチャーリー・ブラウンのデザインがいいですね


マスキングテープ各種。幅15mm各440円、幅23mm各528円、幅30mm各605円
マスキングテープ各種。幅15mm各440円、幅23mm各528円、幅30mm各605円


手前から、ダブル蛍光マーカー各330円、ビッグクリップ各498円、キャンバスアート各3630円
手前から、ダブル蛍光マーカー各330円、ビッグクリップ各498円、キャンバスアート各3630円


手前左から、ランチョンマット1680円、巾着1580円、トートバッグ3480円。奥左から、ドリンクホルダー2200円、フラットポーチ1680円、ポーチS1580円、ティッシュボックスカバー3080円
手前左から、ランチョンマット1680円、巾着1580円、トートバッグ3480円。奥左から、ドリンクホルダー2200円、フラットポーチ1680円、ポーチS1580円、ティッシュボックスカバー3080円


手前は、ヘアゴム748円、ショルダートート各4180円(2023年春発売予定)。奥左から、ウォッシュタオル880円(2023年3月発売予定)、ガーゼハンカチ各1100円
手前は、ヘアゴム748円、ショルダートート各4180円(2023年春発売予定)。奥左から、ウォッシュタオル880円(2023年3月発売予定)、ガーゼハンカチ各1100円



隣接の「PEANUTS Cafe SNOOPY MUSEUM TOKYO」
ミュージアムのすぐ隣にある「PEANUTS Cafe SNOOPY MUSEUM TOKYO」。お店だけの利用もできます
ミュージアムのすぐ隣にある「PEANUTS Cafe SNOOPY MUSEUM TOKYO」。お店だけの利用もできます


企画展に連動したメニューを、ミュージアム隣接のカフェで楽しめます。コミックの食事シーンを再現したかのようなメニューとともに、商品のコンセプトコミックが入ったメニューカードもプレゼント。営業時間は、10時~21時(20時LO)です。

スヌーピーの大好物ドーナツをイメージした、スヌーピーのDOUGHNUTSリングパイ1320円
スヌーピーの大好物ドーナツをイメージした、スヌーピーのDOUGHNUTSリングパイ1320円


これはサリーの大好物マシュマロです。サリーのホットマシュマロチョコレート990円
これはサリーの大好物マシュマロです。サリーのホットマシュマロチョコレート990円


砂漠に住むスパイクがシェフに扮して作ったパンケーキを再現した、シェフ スパイクのメキシカンパンケーキ1980円
砂漠に住むスパイクがシェフに扮して作ったパンケーキを再現した、シェフ スパイクのメキシカンパンケーキ1980円


ペパーミント
ペパーミント パティが考える“頭がさえそうな朝ごはん”をイメージした、GOOD MORNING! CHUCK…パンケーキ1980円


ピーナッツ・ギャングのランチでおなじみの、ピーナッツ・ギャングのピーナッツバターサンド980円。テイクアウトメニューです
ピーナッツ・ギャングのランチでおなじみの、ピーナッツ・ギャングのピーナッツバターサンド980円。テイクアウトメニューです


スヌーピーたちの食にスポットをあてた企画展、なかなか興味深い内容です。フォトスポットやグッズ&メニューもいいですね。あわせて常設展も、ぜひ見てみてくださいね。

なお、ミュージアムがある南町田グランベリーパーク内では、2023年2月26日(日)まで、アイススケートリンク「SNOOPY ICE ARENA」も営業しています。

(c)Peanuts


執筆者:佐々木 隆(遊園地ガイド)
(エディタ(Editor):dutyadmin)
    顶一下
    (0)
    0%
    踩一下
    (0)
    0%
    ------分隔线----------------------------
    コメント(comments)
    Please observe the policies and regulations of the Internet.

    コメント(comment):
    気持(Expression):
    ユーザ:パスワード:
    認証コード:点击我更换图片

    最新コメント コメント詳細画面へ>>
    ランキング(Ranking)