今の位置(Current Position): ホームページ(HomePage) > 恋愛・結婚 >

【ピンチはチャンス!?】第一印象が全てではない理由とは? - ビューティーガール

時刻(time):2023-01-25 07:33源泉(Origin):δ֪ 著者(author):kangli
第一印象は、誰であっても好印象でありたいと思うものです。 しかし、この印象がたとえ悪いものであったとしても相手の中身を知り、誤解がとけた瞬間好きという感情が芽生えるというから驚きです。 今回はこの原理についてお伝えします。 印象が悪いなら良いになる ガラリと変わるのが印象であり、良い印象から悪い印象に変わると、なかなか元の良い印象に戻すの
第一印象は、誰であっても好印象でありたいと思うものです。
しかし、この印象がたとえ悪いものであったとしても相手の中身を知り、誤解がとけた瞬間好きという感情が芽生えるというから驚きです。
今回はこの原理についてお伝えします。

印象が悪いなら良いになる

ガラリと変わるのが印象であり、良い印象から悪い印象に変わると、なかなか元の良い印象に戻すのは大変なのに対して、悪い印象がスタートだと良い印象になってから悪い印象になる事は少ないです。

ガラリと変わるのですが、良い方向にしか転がらないため第一印象を失敗してしまったと焦っている方も心配いらないのです。



ギャップが生まれる

なによりも恋にギャップがつきものといえます。
男性であれ、女性であれギャップがあるだけで恋がスムーズに進むのです。
第一印象が悪いというのも、本来とても良い人とわかればギャップにつながります。

また、自分自身が勘違いしていただけで彼はとても良い人なのだと思うことによって、本来の彼以上に美化されることも多いのです。



中身がよりステキに見える

中身がよりよく見えるのは、こちらも第一印象があまり良くなかったことが理由となります。
一番最低限まで下がると、人は不思議なものでどんな些細な良いところもとても大きな良い部分に変わるのです。

もちろん、第一印象も悪くその後も印象が変わらなかったということも少なくないですが、それは相手が理解していないだけといえます。


誤解がとける

第一印象というのは、あくまで表面上のやりとりであり、実際の本人の性格を全て理解しているわけではありません。
その為、誤解だったのだと理解することによって、とても魅力的な人に感じるようです。

少し前まで嫌いだった相手を理解することによって、気づけば好きになっていたということはよくあることなのです。


まとめ

好きという感情をもつということは、それなりに大きな何かが起きたことで生まれる感情です。この第一印象もきっとこの現象に含まれているはずです。
第一印象で失敗したとしても、諦めずにステキな恋を目指せるはずです。

(eluna/ライター)

(ハウコレ編集部)

(エディタ(Editor):dutyadmin)
    顶一下
    (0)
    0%
    踩一下
    (0)
    0%
    ------分隔线----------------------------
    コメント(comments)
    Please observe the policies and regulations of the Internet.

    コメント(comment):
    気持(Expression):
    ユーザ:パスワード:
    認証コード:点击我更换图片

    最新コメント コメント詳細画面へ>>
    ランキング(Ranking)